Monologue〜フィジコISHIIの熱苦しい独り言〜

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。仕事のこと思ってること熱苦しく呟きます。

望んだ未来、望む未来。

美味しい、いちご大福が食べたい🍓

f:id:physical141yuko:20200116210241j:image

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです(笑)

確定申告の領収書の分類と計算終了!

源泉徴収が全部手元に来たら即取り掛れる!!毎年受付開始日に提出するのがモットーです✨

フリーランスとしての17年めが終了しようとしてます。17年…。すげえ軌道に乗ってる!って時があったかどうかはわからないけど😅

いいことも上手くいかないことも、寄せては返す波のように繰り返して同じようなところで悩んだり考えたり躓いたり(笑)それはもう思考の"癖"だから仕方ないんだけど。

17年前、卒業と同時にフリーランスの道を選んだ怖いもの知らずの20歳の頃のワタシ。

あの頃はそれこそトレーナーって言葉も今より耳慣れた言葉ではなかったと思うんですよね。

今でこそ、ごくありふれたパーソナルトレーニング。完全に、有名人やプロアスリートだけのものではないっていうイメージが定着したと思う。目的は様々で、健康維持や痛みの軽減、確実に結果の出るダイエット…むしろ、パーソナルトレーナーという職業はプロアスリートよりも至って普通の、一般の人にこそ必要なものなんじゃないかなぁ…と思う反面、そうなるとこれ👌🏻の問題が出てくる😅

これはもう価値観の問題だけど、

健康診断に引っかかった→運動しないさいと言われた→ウォーキングを始めてみたけどイマイチ効果も出ないし膝も腰も痛い。

こうなった時に運動のやり方に問題はなかったか?と考えてもまずはネットなどなどで調べることでしょう。痛い膝や腰に関しては苦痛だから治療院や接骨院へ行く。当然お金は発生するけど、運動の方に関しては出来るだけお金をかけたくない、と思うのが一般的なのかも、と。

スポーツクラブなんて入会したって行けない日が多くなると腰が重くなって、色々理由つけて足が遠のいて気付けば無駄に会費だけを払ってた…みたいな?なかなか、価値の落としどころが難しいこの世界。

どれだけ、その人の人生においてその身体づくりや健康増進が重要なのか。そこです。

昨年、専門学校時代のとある恩師と久々に話す機会があり。要件がでら近況報告をすると、頑張ってるなぁ、そっかー、おまえすげぇなぁ。なんて言われて。

謙遜じゃないけど、いやいや…全然ですよ。

好きだから続けてるだけ。そんなに稼げてるわけじゃないですよ、なんて言ったら。

f:id:physical141yuko:20200117185851j:image

んー?だってお前、そういうふうに働きたかったんだろ?それはでもすごいことだと思うぞー、なんて言われて。

あ、そうか。

うん、確かに。

17年前に望んでた働き方、出来てるかも。

いつの間にか欲が出て、最初の頃の気持ち忘れてたわけじゃないけど、ちょっと捻れてたかも。悪いことではなくて、きっとそう思うのは当たり前のことで、もしかしたらそこは17年の中で変わらなきゃいけないところだったかも。でも根っこは変えずに、好きな仕事してるんだから、苦しまないで充実感に溢れた働き方が出来たら…ウィン・ウィンの関係じゃないか✨

心の声と頭の声を聴き分けて、フィルター外したら楽しくなってきました(笑)

新しいお仕事、すでに2つもお話頂いてるんです。

求めてるときは訪れないもの。
探しているときは見つからないもの。

ですって(笑)確かにー!!

 

 

癖が強い。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20200115003850j:image

やることなくて(笑)シフォン ケーキ焼きました。生地の甘さは控えめに、もらったけど、持て余してた餡子とバターをサンド。カロリーなんて気にしないぜっ、とは言いきれないけど。あんバターって、美味いよねぇ♡

『脳』って、面白い。

初めてそう思ったのはもう何年も前のSAQシンポジウムで初めて林先生の講演を聴いてから。

f:id:physical141yuko:20200115073409j:image

先生のこの新書も購入し何人か選手にも勧めたこともあったなー。

最近心掛けているのは感情の分解、分析。

なぜ、そう思ったのか。そうそう、思う所以は何なのか。思考や感情には育ってきた環境が色濃く出る。癖が強いんじゃあ~(⑉・̆⌓・̆⑉)環境ってホント大事。変わりたかったら環境変えるのがいちばんだと思う。

なぜ、無意識のうちにそう考えてしまうのか。
その癖が分かればその根本を正すか、諦めるかすれば必要以上にイライラしたり凹んだりすることがなくなると思う。

特にネガティブな感情には必ずそうなる原因がある。競技だけに留まらず、お金や仕事、恋愛。自分を取り巻く全てのものに対する思考のブロックやフィルターを取り外すのは、脳的にはかなり難しいし、苦しい作業。脳は『安心』を脅かされる変化を嫌うから。

基本、イシイは感情型の人間なので(笑)

イラッとしたり、嫌だなぁ…と思った時は、その感情を分解するよう努めてます。昨年末辺りからですけど(笑)

昨日、某TV番組で世の中の奥様たちがSNSの裏アカ鍵アカで旦那の愚痴をぶちまけることについてコメンテーターの皆様が侃侃諤諤と自論を戦わせていたけれど(笑)

愚痴をぶちまけることで楽になることもある。それは、わかる。さらに共感してくれる人がいたらなおのこと、承認欲求が満たされて高揚する。それで落ち着けばいいけど、、エスカレートしないかな😅

当然知っていると言われそうですが『愚痴』の意味は"言っても仕方がないことを言って嘆くこと"。 『愚』も『痴』も愚か、ばかげていると言った意味。自分の愚かな部分も露呈する…ってことよね。ストレス発散の方法は人それぞれで良いのだけれど。そんなところにぶちまけないで、ストレートに相手にぶつけるとか(笑)自分の感情の根っこと向き合ってみては?

より良い自分でありたいなら環境と付き合う人は選ぶこと。思考のブロックやフィルターになる癖を知ること。あら、ちょっと大人になったかも(笑)

Baby Step。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20200112171959j:image

毎年このJR SKISKIのポスター観ると意味もなくゲレンデに行きたくなる気分になるのはワタシだけ?(笑)あ、勿論ボーゲンでしか滑れた試しはありません(笑)だから、気分だけ。

今年は本当に暖冬でスキー場が困ってる💦

f:id:physical141yuko:20200112172254j:image

週末、鶴岡でしたが今まででいちばん暖かく、途中の月山道でさえ雪が少ない!!

過ごしやすいけど…地球🌏が危ない…😂

『やるべきことが何なのか脳がわかっていない』と人は行動出来ない。わかってるつもり、で曖昧だと行動に移せない。

何をどうすればいいのかを明確にしてあげないと脳は適切な指示が出来ない。出来ない経験は自己肯定感を下げる。出来ないことが悪いんじゃない。『何を』を示せないこと、出来ていることを見つけられない方が悪い。

f:id:physical141yuko:20200112172835j:image

特に小学生を指導するときは成功体験をいかにさせてあげるか、を大事にしてます。

高校生や年齢が大きくなれば考えてもらう。

考えてそして『分解』してもらう。

出来ない。→何がうまくいってないと思ってる?頭では理解してる?理解してるけど出来ないなら、それを表現するためには、出力するためにはどうしたらいい?と自分の出来ないことを分解してもらうようにしてる。

感情も同じだと思う。

いつからか忘れたけど昨年からノートを書いています。勿論、『栗山ノート』を読んでから🤣

何でそう思ったのか?何がそう思わせるのか。

自分の思考や感情の癖がわかると一瞬イラッとしても『仕方ない、だってそういうの嫌いなんだから』と自分を落ち着けることが出来る。

夢や目標をカンタンに叶えてるように見えてる人たちは目の前のことや感情を分解して、理想に近づくための、夢や目標を叶えるために何をすれば良いのかっていう" Baby Step "の積み重ねが上手なんだと思う。

普段子供たちや選手を指導する時には心掛けてやってるはずなのに、自分に対してそれが蔑ろだったり下手くそでは…😅

ポジティブもネガティブも見たフリ見ないフリしないで受け止めて、Baby Stepの設定、感情や思考の分解がスムーズに出来るようになりたいなーっ。そう思った鶴岡の帰路でした。

鶴岡も残り2回!

今回よりももっといいものを!

f:id:physical141yuko:20200112183322j:image

決してスキーがしたいわけではないけど、冬らしい気候になりますように(笑)

それが、自然なはずだものね。

目的地まで。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20200110190113j:image

毎年、どんな手帳を使おうかなと物色するのが楽しみなワタシ。そこそこのこだわりはある。

ここ最近気になっているのは手帳術、とかノート術、というやつ。スケジュール把握のためだけに使ってるが、何かもっと役に立てられないものか。かと言って重くて嵩張るのは持ちたくないしアプリの手帳も嫌。書きたい。ワタシは自分で書きたいのだ。

大体手帳術や、ノート術というと色とりどりでキレイだったり、可愛いイラストがあったり、なんて見本が多い。誰に見せるわけではないんだけど、自分でそう出来たら…楽しいだろうけどいかんせんそんなセンスはもちあわせていない。悲しいかな🤣

夢が叶う、とかなりたい自分になるとか。

f:id:physical141yuko:20200111112429j:image

手帳の書き方、あり方で少しでも変わるならと思うのだけど。そんなうまい話があるもんか、と思う自分もいる。でももう少し自分をしっかり見つめなおして向き合って確立したい気持ちはある。引き寄せだとかアファメーションだとかは、もうここ2,3年で何冊かの自己啓発本と呼ばれるものを読んで正直見飽きた言葉。何だろう、『合わない』。著者の切り口が違ったりしても結局いくつかの『ワーク』をしていく中で挫折する。そうするとずぶずぶと自分はダメなんじゃないか沼(笑)にハマりだす。合う人は合うと思う(そりゃそうだ)。だから闇雲に複数の人にアドバイスや救いを求めるべきではないと思ってる。何とか抜け出したい、今すぐ抜け出したいとなれば四方八方に手は尽くしたくなる。でもその結果、人によって捉え方や切り口、表現方法が違うから混乱しかねない😅

最近は自分を客観的に見つめる作業、自分のその時の想いを見守る作業、というのを意識するようになったら何となく自分のやりたいこととかこうなりたいな、みたいなのが固まってきた気がしてるイシイです✨

4,5回は手に取って棚に戻すを繰り返しその場を離れ、違うところを見てまた戻ってきて2,3回手に取って…を繰り返した末に購入した本を読んでます(笑)

脳内GPS。現在位置と目的地を明確に。普段の生活でどこかへ行くのにMAPを利用するなら当然のこと。もしかしたら過去の数冊の自己啓発本で挫折したワークも脳内GPSが機能してなかったからかもしれない。現実を知ること、自分を知ること。。知ってるつもり、現実を再認識して悲しくなりたくない。。無理にポジティブになることはないけど、ネガティブな感情は大事にしつつ、そこに長居はしたくない。心の声と頭の声を聴き分けること、なんてわかっていたようでわかっていなかったこと。

金運アップ!とか100万欲しい!とか。

具体的にはどういうことか説明出来なければGPSが機能しない。金運アップさせたい→何をどれくらい?(月収?年収?仕事の質?)とか具体的な数値ではあるけど何で100万?漠然と100万あったら…っていうのは妄想で、持ったことがない限りイメージが湧かないから非現実的なものに過ぎない。

自分を知る。

育ってきた環境や好きなものとかで思考は凝り固まりガチで、記憶や思い込みによって間違ったデータを脳内に残してしまう可能性もある。それはちょっと勿体ないな、と思うのです。

そんなふうに考えられるようになって来たらあまり隣の芝生が青く見えなくなってきた(笑)お隣はお隣、うちはうち、みたいな。

2020年のイシイは一皮剥けたかも✨

f:id:physical141yuko:20200111112514j:image

 

 

契約。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20200106100705j:image

正月三が日は駅伝三昧、というのは言い過ぎか。でもニューイヤー駅伝に始まり箱根駅伝が2日間。そして3日はラグビー大学選手権🏉準決勝、紫紺のユニが無事に決勝を決めました✨

4日からは神戸で今年も全国高専ラグビー大会🏉がスタート。もちろん花園もまだまだ熱戦中。おっと忘れちゃいけない、全国高校サッカー⚽️もベスト4が出揃って…と、年末年始はスポーツが目白押し。ちょっと前はバスケのオールジャパン🏀も元旦から(でしたよね?)あって、体育館ハシゴして2日間で10試合近く観たな(笑)こういう関係者にとっては穏やかな年末年始って屈辱以外の何物でもない(笑)

f:id:physical141yuko:20200106101211j:image

イシイも高専大会に帯同させて頂いた頃はクリスマスイブ辺りから合宿に入って2日ほどのオフを挟んで元旦の夜に神戸に向けて出発!という年末年始。その時はそれが当たり前だったし誇りに思えたもんな〜。

さて。

箱根駅伝を制した青学でも監督が仰ってましたが、こんなトップレベルで戦う選手たちでさえ(だからこそ?)まとまらない、という。

『夏まではなかなかチームがまとまりませんでした』と頭を抱えていたとインタビューでも答えてました。

ワタシの記憶が定かなら、昨年の高校サッカーの優勝校の監督さんもそれに近いようなことを仰っていたような。

チームをつくる、まとめる、育てることはカンタンなことではない。ローマは一日にして成らず、チームも一日にして成らず。厳しさも愛情のかけ方もそれぞれでそれはもう指導者の手腕と言ってもいい。むしろ、指導者に必要なのは名声や知識よりも(無論あることに越したことはないが)そこだと、イシイは思ってます。

コーチライセンスの時にご一緒だった某有名監督の素敵な記事を見つけたのでシェア。

試合前日の練習なのに全く選手たちに緊張感がなく、選手同士がかみ合わず練習を切り上げる場面があった。そこでその監督が言った言葉が、これ。

『ここでラグビーをやる意義や価値観を残り半日考えなさい』と。そしてその翌朝には、『約束より強いもの『Contract(契約)』を持たなければいけない』と選手たちに話したという。

f:id:physical141yuko:20200106115219j:image

ここで、ラグビーをする意味。

ただただ好きで楽しみたいなら場所はいくらでもある。他を当たれば宜しい。自分で選んでここに来た意味。その競技を続けることの意味。

 ・

自分がラグビーを始めたきっかけを振り返り、サポートしてくれた家族などのことを話す選手が多かったそう。

これ、相手は高校生の話です。

監督が、子供扱いせずきちんと一人の人間として向き合っているからこその言葉だと思うんです。監督とかコーチって、試合や大会が近づくとその存在が徐々に薄くなっていくのが理想だと思う。いつまでもトップダウンのワンマンでは一時の強さに過ぎないと思う。

約束より強いもの、それが契約。

契約を結ぶということは覚悟と責任が生じる。

社会人なら高校生よりもどストライクに響いて欲しいし再認識して欲しい言葉。

f:id:physical141yuko:20200106115141j:image

監督やコーチはチームや選手を目標のところまで進ませることこそが契約。もし選手たちがそれ以上の結果を残したらそれは選手たちが頑張った分の『ボーナス』だ。

契約書なんてないけれど。

今いるチームの選手、コーチ全てと見えないけれど強固な契約を結んでいる。その覚悟を持って仕事をしている。

2020年は新たにどんな契約が結べるかな。

いいご縁が巡ってくるよう自己研磨に励みます。

行くぞ全国!行くぞ花園!!!

 

あなた次第。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

お正月三が日も終わり、土曜日ではありますが世の中は日常が戻ってきた感じがしました。初売り感はまだまだ健在ですが、初売り、福袋に興味のない我が家には長蛇の列も無縁です(笑)

f:id:physical141yuko:20200104124303j:image

年末年始は雑誌での神社の特集が増える!

歩くパワースポットとされるSHOCK EYEさんの記事。なかなか面白かった✨

日本は神の国なんて言われますが、普段どーんなに無頓着な方でも新年くらいはおみくじは引かなくても初詣には行くのでは?どーんなにどんなに無頓着であっても多分一年でいちばん多くの方が神社に足を運ぶのがお正月!だと思ってます。

苦しい時の神頼み、なんて言葉があるように自分でどーにもならない時とか奇跡でもまぐれでも何でもいいからどうにかならないかって思う時、誰にでも一度はあると思う。

なにが言いたいかっていうと!

世の中のほとんどのことって、実は目に見えないモノと自分の思考で成り立ってるんじゃないかなと思うのです。神社とか神頼みだけじゃなくて欲しいもの、興味があるものって意識し出すと途端に目につき始めたりするように、自分の思考次第で出逢いも縁も結ばれたり切れたりするんじゃないかな、と。

思い込みや自己否定、罪悪感が強すぎると

素敵なご縁が、結ばれるはずのご縁が、上手く結ばれなくて、ご縁の受け取り拒否になっちゃうんだって信頼するユキさんが仰ってました。

出逢いたくても出逢えない人もいれば、

意図せずとも出逢える人もいる。

自然と切れてなくなってしまう縁もあれば不思議とずっと続くご縁もある。

それはもう神様からのメッセージ、とイシイは思ってます。

あれいいよ、これはダメ、といくら誰かに言われても最終的には自分がどう思うかだと思う。

ミエナイ流れの中で生きているけど、引き寄せるも結ぶも切るのも自分次第なんじゃないかな、と。だからブレない信念を持ちたい。

正月飾りに用いる裏白は、二枚の葉が対生しているシダの葉で、文字通り葉の裏が白いことから、夫婦が共に白髪になるまで、長生きするようにという願いが込められた、夫婦和合の象徴です。
.
一月は睦月と書きます。

睦月は、睦び(むすび)月。

一年の最初に良い睦びが出来るように日々暮らしたいもんです。

良くも悪くも、あなた次第。

悪かろうとも悲観せず、切り替えないと光は射してこないのかも。

今年も大好きな神社巡りを時間とお金が許す限りしたいと思います(∩ˊᵕˋ∩)・*

f:id:physical141yuko:20200105005940j:image

年明け。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20200101222305j:image

今年も国民的グループから年賀状が届きました(笑)元旦にも関わらず仕事をされてる方々、本当にご苦労さまです。

お笑い番組をはしごして、3時近くに就寝、快晴とは言えない天気ながら日の出前にウチを出て雲の隙間から初日の出を拝みました🌅

その足で元朝詣り。

f:id:physical141yuko:20200101223735j:image

年末ジャンボは当たりませんでしたが(そもそも3枚しか買ってないので高額当選だとそれはそれで怖い😱)今年初のおみくじは大吉でした✨

f:id:physical141yuko:20200101223852j:image

" ときくれば枯木とみえしやまかげの

さくらも花のさきにおいつつ "

初めは冬の枯木の葉落ちて花もなく寂しくこの末如何なろうかと気遣うもそのうちに春となって花さく如く末良き運なり何事も慎み退屈せず時をまてば必ずよし。。

2020年が明けたわけですが。

一年の計は元旦にあり、とは言ったもの。

不思議とスッキリしていて理由もなくワクワクしてるというか、何か意味もなくポジティブ思考な感じ。it's 元旦magic。勝ちに不思議の勝ちありというようにポジティブに不思議のポジティブあり、なんつって。

今年こそ。

行くぞ!花園!チャンピオンシップ大会!

でもこればっかりはワタシの努力だけではどうにもならないので😅選手が最高のパフォーマンスを発揮出来るよう、引き出しの深さと中に詰める量を増やしたい!!

真価と進化、価値。

そこにいる意味のある仕事がしたい。

好きな仕事を心の底から楽しみたい。

" あなたの楽しいはきっと誰かの役に立つ "ってね。ワタシにも選ぶ自由はある。もちろん選手やチーム、相手にも当然選ぶ権利はある。

" 都合がいい "から選ばれるのは、贅沢かもしれないけどお断り、と言いたいのが本音だけどそれも何かの縁と、食わず嫌いせずに囓ってみようかな、なんても少し思ってる。必要とされたい。離したくないと想い想われ選ばれたい。

f:id:physical141yuko:20200102081039j:image

そんな2020年のスタートです。