Monologue〜フィジコISHIIの熱苦しい独り言〜

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。仕事のこと思ってること熱苦しく呟きます。

星めぐり。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

今日は仕事と全く無縁の話です。

f:id:physical141yuko:20190214092329j:image

夜明け前の空がすごく好きです。

"見上げたら
モーニングムーン 夜にはぐれて
朝焼けのベランダで 戸惑っている"

いつも思い出すのはこの歌詞(笑)

ここのフレーズだけがステキ(笑)

その前後はどうでもいい(笑)

家の中で誰よりも早く起きてベランダに出て眺める空。夜明け前の明るくなった空と、夜が混じりあって、まさに"夜にはぐれて"帰り損ねた感じが何とも愛らしく見える星たち。

今時期だと冷たい空気すらもちょっと素敵に思える(笑)

柄じゃないので書いてて若干恥ずかしいんだけど(笑)

なんと2/19の明け方には東の空で金星と土星が急接近。

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10441_ph190219

f:id:physical141yuko:20190214080453p:image

日の出1時間前の高度が15度ほどと低めなので、見晴らしの良いところで観察しよう、とのこと。金星は見つけやすいのでぜひ見てみては如何でしょう(*˙˘˙*)❥❥

現在郡山のふれあい科学館23FでKAGAYAさんの写真展が無料で観れちゃいます。

何と写真撮影もOK。

無料なのでさほどボリュームは…ありませんがそれでも満足。

f:id:physical141yuko:20190214081126j:image

こんな感じ。

平日の真昼間はシーンとしてて十分一人で満喫出来ます(笑)

プラネタリウムの上映はタイミング合わず観れず(←プラネタリウム好き)

f:id:physical141yuko:20190214081122j:image

これなんてもう。

日本の反対側行ったら、オリオン座さえも逆さまに見えるなんて…地球わんだほー。

星座の神話も好きでだいぶ読み漁った小学生時代(笑)人はみんな持って生まれた星があるとか。最近気になる『四柱推命』w

星って、ロマンありますよね(ノ∀`)

巡り合わせ。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

驚きましたね。。

f:id:physical141yuko:20190212183042j:image

 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6313598

早期発見だったそうで…

本人ももう前向きに治療しているとのこと。

早期発見で良かった。

『今』にきっと、意味がある。きっと大丈夫。

一日も早い病からの復活を願っております。

f:id:physical141yuko:20190212183300j:image

久々のRunning。

気になっていた神社に遭遇۳( ̥O▵O ̥)!!

またしても(探していたのに)お賽銭はなく…

ご挨拶だけはしっかりさせて頂きました。

f:id:physical141yuko:20190212183516j:image

年明けから物凄い勢いで動き出した『運』。

置いていかれないように、飲み込まれないようにしっかりしなければ。。と思っていて、気になっていたここの神社に遭遇。

巡り合わせのタイミングには絶対に意味がある。偶然なんて絶対ない。

今、携わっている大切な選手、チームに出逢えたのはここまで出逢った全ての人たちのおかげです。春から新たに出逢う選手たちもまた、その人たちとの繋がりからの巡り合わせ。

情熱と謙虚さと、感謝を忘れずに。

f:id:physical141yuko:20190212185454j:image

欲しいなぁ、これ(笑)

 

神様。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

残念なことに、努力って報われないこともある。というか報われないことの方が多いんじゃないかって思う。

でも、そのつらい時に踏ん張るか踏ん張れないかで人生は大きく変わるんじゃないかなぁって。

昨日、フィギュアスケート四大陸選手権で圧巻の逆転Vを決めた宇野昌磨選手の言葉がすごく印象的でした。

『信じるっていうのも、 "まずできない自分がいて、でも練習してきたことを信じよう"って。まず、できない自分が前提にあるのかなと思ったときに、それも消そうと思って、何も根拠なく"僕はできる"っていう思いだけでした』

『信じる』=『出来ない』ことが前提。

むむむ。なるほど。わからなくもない。

自分でこれだけやったんだからあとはやるだけ!って腹決めて本番に挑めたら、きっと終わった時に勝った負けたの感情の次にスッキリ出来るのかな。

f:id:physical141yuko:20190211214913j:image

珍しくAmeba TVでリアルタイムで観戦。

どうしても勝ち点1以上が欲しいエスポラーダ北海道が苦しみながらも2点ビハインドで後半残り5分を切ってから追いついて勝ち点1をもぎ取る。もちろん大事なこの試合の先制弾も玄太くんだ。(さすが✨)

f:id:physical141yuko:20190211215215j:image

"こんなに勝ち点が遠いなんて花巻以来かも"

あの頃も苦しい中でチームを引っ張り、今も最年長ながら苦しい時、大事な時に点を取ってくれる頼りになる選手。

Div.1残留、本当におめでとう。全日本選手権があるからまだシーズン終わらない!怪我に気をつけて頑張ってもらいたいです٩(.› ‹. )۶

そして所変わって高崎では。

第1回目となる地域リーグチャンピオンシップ大会の真っ最中。

f:id:physical141yuko:20190211215717j:image

2シーズン前、携わっていたチームが残念ながら予選敗退。

チームを離れて気がつけばいつの間にか半分以上の選手が入れ替わっていて、もはや知っている選手は3人。それに気付いてから『もしかしたらこれが最後かも』とチャンスがあれば観に行って、その姿を目に焼き付けたいと思っていました。昨日の時点で予選2勝。あと1つ勝てば予選通過、準決勝も勝てば明日高崎まで観に行こう!と決めていたのですが。

f:id:physical141yuko:20190211220424j:image

『決勝行けなくて残念。でも、現実ってこんなもんです。応援ありがとうございました😊』

いちばん、連絡を取る選手からのLINE。

ミニ国体で優勝した時は嬉し涙をこぼした彼女。そんなに喜怒哀楽を表に出すタイプではなかったのでもらい泣きしたのを思い出す。

彼女もきっと『信じる』とか言わないタイプ。出来る、というよりはやるしかない、といつでも腹括って戦いに臨むタイプ。もちろん、きっちりと準備をして。

努力は報われないこともある。

もしかしたら、報われないことの方が多いかもしれない。

何をもって『報われる』とするかだけれど。

勝利だけが『報われる』ことではないとは思っているけれど。もしそれがその選手にとって最後の試合だったら。最後のチャンスだったら。

神様どうかお願いです。

本気で戦ってきた選手にはどうか勝利をプレゼントしてくださいませんか。

いや、せめて

今まで頑張って来て良かったな、

このチームにいられて良かったな、

苦しいことも多かったけど続けて良かったな。

どうか、そんなふうに思えるラストシーンをプレゼントしてくださいませんか。

それこそがきっと報われたと思える瞬間だと思うから。

この話も素敵でした。

宜しかったら、ぜひ。

https://rugby-rp.com/2019/02/08/column/28790

ムキーッ٩(◦`^´◦)۶

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

昨日は旧暦のお正月。そして新月でした。

新月って何かを始めるにはいいタイミングらしいです。しかも昨日2月5日の新月は『革命』を意味するタイミングだとか。気になる方はこちら参照に。

f:id:physical141yuko:20190206134522j:image

http://moon-cycle.net/wish/aquarius.html

ずっと、現状に甘んじない、現状を打破したいと思ってました。そんな昨年は今思い返しても結構苦しい一年😅

拠り所や居場所はあれば安心するけどそれでいいのかな、とか色んなこと考えて。執着を捨てることに成功✨愛着のあるチームを離れることにしたら次の契約が決まりました。

コンサルも無料のメール講座も、少し齧ったけど全部辞めました(笑)結局最後は自分の意志だな、と。弱ってる時はとにかく何かにつかまりたいもの。どれもしっくり来なかった(笑)その判断が出来ただけまだまともでした(笑)

苦しい時期にやるべきなのは、

自分のレベルを上げること。

こういう時期だからこそ、

自分のレベルを上げることに時間を使え。

どんな小さなことでもいい。

何か決めて、取り組むことで自分のレベルが上がる。小さな積み重ねがチャンスを引き寄せる。どんなに関係ないように思えてもやり切った達成感というのは何とも言いようのない自信をくれるもんです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

最近、SNSやめようかな…と思ったり(笑)

余計な情報や見たくない(知りたくない)情報が嫌という程目につく。そんなところでイライラするならいっそのこと見なきゃ良いじゃないか!と思うんだけど…情報が全く入って来ないのもそれはそれで怖い(笑)

自分が正しい!って思うこともあれば

『それ違うよ!』って思う相手もきっと『自分は正しい!』って思ってること、多いと思う。


自分が正しい、相手が間違ってる。
それはあくまで自分のものさし。
キリがないよね、なんて記事を見ました。

明らかに違う!って思っても、それがどこぞの誰かのためになっているなら…その人にとっては正解なわけで。だから批判はしたくないし、ワタシだって何も知らない人に訳わかんなく批判なんてされたくない(笑)だから一旦は受け入れる、受け止める。食わず嫌いはアカンよねっていうこと(笑)


相手と自分は『違う』んだ、そっか、へー。って済ませられたらどんなに楽だろう٩(.› ‹. )۶

だいぶ難あり(笑)

・ 
『それ、絶対違うし!!』ヽ(`Д´)ノはストレス溜まる(実際溜まってるw)

『そっか、違うんだ』

って思えたら、新しい視点や気付きが得られるかもしれない。それの本質も見えてくるかもしれない。そして今まで以上にそれに対して理解が深まるかもしれない。

f:id:physical141yuko:20190206135702p:image

選手たちがワタシを信じてくれているのは永遠でもなければ当たり前でもない。

その信頼は時間をかけて強固なものになったとしても、脆さとも背中合わせであることを忘れては行けない。何がきっかけで崩れるかわからない。常にあると思うなよ、『有難い』ことなんだと言い聞かせてます。

自分のために、選手のために。

停滞なんてしてらんないのだよ٩(.› ‹. )۶

くだらないことに『ムキー!』٩(◦`^´◦)۶ってなるのはやめよう(笑)

12年。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

トレーナーと称して活動し始めて17年目に突入。色んな競技に携わらせてもらいました。

振り返ると何と1番長いのは社会人バスケットボール。12年も経ってました。

f:id:physical141yuko:20190203113845j:image

数え切れないほどのドラマの数々。

嬉しくて泣き悔しくて泣き…もう何度泣いたか覚えてないくらい。

その中でも間違いなくイシイの中でいちばん忘れられない試合は2015年11月30日。

実業団カテゴリーでの全国大会への切符をかけた準決勝。東北開催だったため、開催枠で1つ増えた枠を電力宮城と北芝で争った試合。

f:id:physical141yuko:20190203080258j:image

いろんな感情がぐるぐると駆け巡り、どのプレーにも一喜一憂しながら、出来ればどちらも勝って欲しいなんて訳の分からない感情さえあったりして。

まだ試合中なのに言葉にならない想いは涙になる。その意味さえもよくわからないのただただ溢れてくるから必死に堪える。

どっちが勝っても、苦しかった。

わかってたことなのに、苦しかった。

奇しくもその5年前もその日のように残り一つの切符を同じ相手で競り合った。

あの時流した涙は完全に悔し涙だった。

あの時と今回は立場が違う。

この試合は喜びも悔しさも声援もすべて押し殺してただただ見つめ続けた。

声に出せない感情で身体の震えが止まらなかった。


劇的過ぎた。


3Pブザービートで追い付いてオーバータイム。

両者譲らず、2点リードでノータイムでのファウルトラブルでフリースロー献上。。

(それもまた最後のファウルが相方だっていう)

1点ビハインドの極限状態できっちり2本決めた宮城に逆転を許し、そのままエキサイティングな試合は終わった。72-73。

両チームの健闘に拍手。

ただアタシには、劇的過ぎた。


劇的過ぎて、苦しかった。

f:id:physical141yuko:20190203113142j:image

そんな社会人バスケットボールの世界に足を踏み入れた時の同期が引退する。奇しくも、相方と同じ今シーズンで。彼はまだ若いのに(笑)

彼の最後の大会を何とか有終の美で飾れるように、微力ながら力になれたらと思います。

しかし、これもまた何かの巡り合わせなのか…バスケットボール界で新たなチャレンジをするチャンスをもらいました。

バスケットボールの神様に試されているのか、愛されているのか(笑)

まだまだバスケットボール界で頑張ってみようと思います!

全ては、選手のために。

 

Real。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

時にワタシの仕事は『コーチ』と呼ばれることもあります。コーチでもトレーナーでも…こだわりはないけれど(笑)

f:id:physical141yuko:20190202082655j:image

もはやマネージャーと呼ばれることも少なくない(笑)もう、何でもいいんす、別に(笑)

そもそも『コーチ』って何でしょう。

もう2年前になりますが専門学校でコーチング理論という授業を担当していました。

その時の学生には話したので頭の片隅に残ってたら嬉しいなと思うけど(笑)

『コーチ (Coach)』という言葉の語源は【馬車】だった。

馬車の役割は、『大切な人をその人が望むところまで送り届ける』ということ。

そこから派生してコーチングとは『人の目標達成を支援する』という意味で使われるようになりました。

コーチはもちろん、監督もトレーナーも、治療院の先生たちもこの『コーチ』のカテゴリーに入ると思っています。

『その人が望むところ』はすなわちその人のゴールであって、痩せたいや治したいも立派な『望むところ』。であればクライアントの『望み』を叶える手伝いをする仕事の人たちは無駄なく、嘘偽りなく、正しく安全にクライアントをそこまで送り届ける(もしくは導く)必要が課せられていると思うわけです。

トレーナーと名乗って活動して17年目に突入しました。正直、自分のやり方にもそれなりに自信も信念もあります。(なきゃ失礼でしょ、お金頂いてるのに😅)

f:id:physical141yuko:20190202083034j:image

その中でもベースになっているのはSAQで学んだことが大きいと思います。

Speed Agirlty Quicknessの頭文字から名付けられたこの理論はその名を知らなくてもツールを見たことがある使ったことがある、という人は多いと思う。

先日もシンポジウムに参加してきたけれど、昔よりも学生の参加が少なくなったなぁと。

それだけ興味を引くものでなくなってしまったのか…ラダーやマイクロハードルが普及して、今や動画でやり方も何でも見れてしまうから肌で感じて学んでみたいという魅力が感じられなくなったのかもしれない。すごく残念なこと。

極論、ツールがなくても指導出来ます。

ツールがあった方がわかりやすいし、負荷の調整も出来る。けど極論はなくても指導出来る。

そしてとてもシンプルです。全ての動きの土台であり核になる部分だから。シンプル故に、難しさも奥深さも魅力もあって、人それぞれにそこに気付く、響く言葉も違う。

f:id:physical141yuko:20190202083727p:image

動きには全て意味がある。

強い力を出すのも、方向転換も、速さも、全て意味と理屈がある。そこに競技特性が加わる。

言ってしまえばトレーナーに競技は関係ない。けれど選手側からしたらその競技を経験したことない『コーチ』から競技に活きるトレーニングを学ぶというのは違和感を覚えることもあるはず。何がわかんの?って正直思うこともあるだろう。実際、言われたことありますw面白くなかったんだろうねー。ズバッと言われました。イシイの愛が一方通行だった結果だったんだと今になってはいい教訓です(。-∀-)ニヤリ

だからこそ、指導者は常に自分を疑って欲しいと思う。今指導しているこれは本当に正しいのか。目の前の選手のために正しく伝えられているか、伝わっているか。一方通行ではいけないんです、絶対!!!

そしてRealを追求しましょう。

ワタシのようなまだまだ若輩者が言うことではないとは思いますが…思い込み、偽りは信じて着いてきてくれた選手の可能性を奪ってしまうことになりかねないから。

自分も見せられる、魅せられる、そして伝えられる。それこそがホンモノの指導者のあるべき姿だと思っています。

不平等?

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

今日は雪がチラついていましたが1日なので迷うことなく朔参りへ。

f:id:physical141yuko:20190201174122j:image

節分祭の準備が行われていました。

くわえタバコで職人のおっつぁんたちがせっせと作業してるのがカッコイイ。

今朝TVを見ていて驚いたこと。

こんな政策が進んでいるのか۳( ̥O▵O ̥)!!

https://www.news-postseven.com/archives/20190129_858988.html

目の付け所は、悪くはないんじゃないかな…全面的に賛成も出来ないけど(笑)

賛成する企業、助かる人たちが利用出来たらいいわけじゃん。

だって、きっと万人に好かれる『モノ』なんて今の世の中存在しないと思っていた方が間違いない。


色んな女性の生き方がある。

(この子連れ出勤推奨も女性に限られたことではないですが)

子供が欲しくて授かったけど、やっぱり一人の時間も欲しい。

社会と繋がっていたいから働きに出るのにその場でまで『母』では居たくない。

結婚に興味がない。1人で自由に生きてて何が悪いの?

子供は好きだけど欲しいと思わない。それって無責任なことですか?

(イシイはここに属するので特に思うw)

どんなに望んでも授かれない人たちもいる。

…いろんな人がいる。みんなそれぞれ。

それって、わがままなのかな(ŏ﹏ŏ。)

もしも男性も子供が産める身体だったら、男性も同じようなことで悩んだり考えたりしたのかな。

うちは子育てしてないから偉そうなこと言えないけど、当然お腹痛めて産んだ我が子は可愛いだろうし母親にしか出来ないことがあるから女が子育てするのは当然…なんだろうけど。

女だけでも子供は授かれないわけじゃん。

ふと、そんなことを考えました(笑)

男女平等といいながら平等になりきれない世の中。

そもそも『平等』って何なんだろう?

その基準さえも人それぞれなんじゃないかな。

お互いがお互いを尊重して認めあっていれば『不平等だ』って考えは生まれないんじゃないのかな。


トレーナーの世界でも、特に女性トレーナーの方々の中には『不平等』を感じている方もいるかもしれない。

イシイですか?

感じたこと……、、ないっす(笑)

そこに『不平等』さを感じたことは多分ない。

トレーナーとしてそのチームに何が出来るか、

自分が求められていることは何か。それだけを考えてチームと向き合っているから。

男性の競技、男性のチームが多かったけど、それはイシイにしか出来ないこと、イシイに望むものがあるから出来たわけで。

トレーナーは、偉くない。

選手がいて、チームがあって成り立つ仕事。

相手が歳下だろうが歳上だろうが関係ない。

その選手をよくしたい、チームの勝利、向上に貢献したい。それだけ。


あ、話がズレました。閑話休題


子連れ出勤の前に

保育施設を増やすとか、

保育士の待遇をしっかりして増やすとか…

それは、そんなに難しいことなのかな。

子供を産んでも産まなくても同じ女性のはずなのに、

そのことが女性たちをどこかで生きにくくしてる気がしてならない。

まだ産まないの、とか産んだらいいのにー、なんて言われると何か、え?今のあたしじゃダメ?😱なんて思えちゃう。

こういう言い方は批判されそうだけど、産んだら偉い、産まないのは自由奔放で無責任。

そんなこと、ないと思う。

結婚するもしないも、子供を産むも産まないも、自由なはずなのに。

どうしてそんなことで生きにくくなってしまうんだろう。

結婚しない、子供を産まない。

女性が1人で生きていくって自由気ままで楽しそうに見えるかもしれないけど、結構覚悟のいることだと思うし、それはそれですごいことだと思う。

そんな人達にこそ、もっともっと自分を大切に人生楽しんで欲しい。

ママに対するケア、運動教室、情報、手当。

結構充実してると思うんです。

でも、ママじゃない女性のためのサービスって…あってもいいんじゃないかなぁ。それを選ぶ選ばないはもちろん本人の自由だけど。

本来はそんなカテゴリー分けみたいなことなくみーんなひっくるめて『女性』が手を取り合って(別にいがみ合ってるわけじゃないけど😅)暮らしやすい世の中が理想。

イシイだからこそ出来ないことがあるんじゃないか。最近そんなことを思い始めて…勢いでお話ししに先輩宅へ。

f:id:physical141yuko:20190201175830j:image

何かちょっと、わくわくしてます。

アスリートだけじゃなくて同じ女性のために、何か出来たらいいな。