Monologue〜フィジコISHIIの熱苦しい独り言〜

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。仕事のこと思ってること熱苦しく呟きます。

まだ、ない。でも、ある。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20191209153512j:image

まさかの下りから入るという。

出世の石段って書いてあるもん、やっぱりちゃんと下から上りたい。下りるだけで終わりたくなーい٩(.› ‹. )۶

にしてもまさか反対側から入るとは。

帰りに見たら『出世の石段は50m先』って下に書いてあった🤭

f:id:physical141yuko:20191209161259j:image

5年振りの八戸。

あの時も負けて夢が潰えた八戸。

2019年のバスケ🏀シーズンが終わりました。

はじめての連勝で見た、全国への夢。

叶わなかったけど、最終節までその夢を見ることが出来たのはチームとしてが成長した証であり、選手たちの努力の賜物な他ならない。

f:id:physical141yuko:20191209154845j:image

昨年の2勝6敗から、今年は5勝7敗は大躍進。

でも…まだまだだと思う。

勝てたなと思える試合が2つはあった。

それ勝ってたら…全国行けてたなぁ🤣

まぁ、タラレバを言っても仕方がない。

f:id:physical141yuko:20191209155312j:image

連日で通った居酒屋の大将にね、言われました。

訛りは酷くないけど聞き取りにくい(滑舌が…宜しくない😅)大将の話に必死に耳を傾け。

『嫌われてなんぼや』とか『鬼にならんとダメ』とか。『努力せん人間がいちばん嫌い』っても言ってたな。そして、イシイの年齢を聞いて驚き🤣『あなたはきっとここまで自分でそうやって来たんだから努力したんでしょう、まだまだ頑張んなさい』と言われました。TVに出られるくらい有名になれ、と。そしたら『あ、オレこのコ知ってるー』って言うからよぉって🤣

f:id:physical141yuko:20191209162335j:image

まぁ…生憎。有名になりたいわけじゃないんだな。プロにつきたいわけでもない。サラリーマンアスリートとか、学生のために身体張りたいんだな。もちろん安売りするつもりもない。必要とされて、期待以上の成果をあげたい。それが叶うチームにつきたい。

『何の』ために『ここ』でバスケをするのか。

それは一人一人違ってもいい。

それでも最低ラインというのはあって然るべきだと思ってます。

それがなければ、強いチームにはなれない。

ただ楽しければいいのか、ただ試合に出られればそれでいいのか…。好きな仲間同士が集まって自分たちで何でも準備して出し合ってやるならそれも良し。『社会人』とは実に難しいカテゴリーだと思う。

全然勝てなかった1年め。

初勝利初連勝を経験して、夢に手が届きそうなところまで来た2年め。

まるっと同じメンツで臨んだわけではない。

誰がいつ居なくなるかわからないし、いつどんな戦力が入るかもわからない。バスケで給料をもらってるわけではないから、日々色んなことを受け入れたり犠牲にしたりしながらそれぞれが出来る範囲の中で最大限の努力をして、チームとして戦う。それがサラリーマンアスリートのサガである。

プロになりたくて人生かけて戦ってる選手もいれば、成績次第ではチームに残る保証もない中で戦ってるサラリーマンアスリートもいる。

それぞれの立場は違えど、何のためにここで戦うのか、というのは常に持っていてもらいたいと思うのは厳しいのだろうか。

当たり前じゃないことが、当たり前のように出来ることの有り難みを感じて欲しい。

遠征の終わりに中堅どころの選手から『わかってると思うけど』のテイで、職場の人へのお礼、日頃の姿勢なんかについて発信があるのもまた嬉しい。些事に神は宿る。それがあってこそのサラリーマンアスリート。

そんなど正論な小言を、フリーランスのワタシが呟いて果たしてどれだけの選手たちに響くのだろうか…と考えると大将の言ってくれた嫌われろ、鬼になれ、というのはなかなか躊躇するものであり、性差も考えるとなかなか、なかなか躊躇するものである🤣

言葉を選ばずに言うなれば。

勘違いしちゃいけない。強くないんだよ?

強くなってきた。伸び代だってまだまだある。

今でも歯が立たない相手ばかりじゃない。

でももう少し選手個々がレベルアップして、チームが強くなればもっとそれは現実味を帯びてきて勝ちが不思議の勝ちでなくなる日は来る。

だから、勘違いしちゃいけない。

まだ、強くない。強くないんだよ。

強いチームと言えるほどの強さも強みもない。ただ強くなる要素も素質もある。

活かせるか否かは自分たち次第。

f:id:physical141yuko:20191209173452j:image

今よりもっと強くもっといいチームになっていく姿をさ、この目で間近で見たいのよ。

ジャイアントキリング を起こす素質のあるチームなんだもの。

一時は10点以上も離したのに追いつかれてのオーバータイム。でも負けないと思ってた。

最後には勝つと思ってた。

だってオーバータイムの勝率はいいし、

いつも痛いっていう選手が魔法がかかったみたいに痛くないって全力でプレーしてたし。

だから、最後は自分たちが勝つと信じてた。

悔しかった。悔し過ぎて抑えられなかった。

でも誰が悪いわけじゃない。

これ以上は、と俯いて抑えた。

勝てなくてすみませんでしたと言われたいんじゃない。そんな言葉言わせたくない。

勝利の余韻は気をつけないといつまでも残って人をダメにするけれど。

悔しさは心に留めて意識しないとすぐに冷めて忘れてしまう。

悔しさの痛みをどれだけ鮮明に忘れずに心に刻んで努力出来るか、だと思う。

まだ、強くない。

でも、素質はある。

そこにコミットして同じ夢を叶えたいんだ。

 

 

 

 

 

 

嫌いじゃない、けど。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20191204150417j:image

水曜日は珈琲曜日。

今日も仕事前にSAKAMOTO COFFEEさんで一杯☕️いつのまにか過ぎ去ろうとしている秋がありました🍁一瞬造花と見間違う美しさ。

『恋愛と仕事は好きと情熱で出来ている』

これはもうイシイの中では名言になりつつあります🥴悩んでるけど悩んでるわけじゃない。

わかるかなー、この微妙な感じ(笑)

やりたいことや、なりたいものを早々に見つけてそこにまっしぐらだった10代。

なりたい、を叶えてそのスタートを切った20歳。大変でもツラくて、辞めようと思った時もある。でも好きだからこそ、乗り越えられたんだと思う。

やりたいこと、好きなことは仕事にするべきじゃない。と言う友ももちろん居た。やりたいことや好きなことを、仕事に出来ることは当たり前ではなく幸せなこと。苦労も全部引っ括めて好きだからこそ。

だからサラッと『好きなことやれていいね』と言われるのは何より嫌だったし、やりたいことがないと言う感覚も、ワタシには到底わからなかった。

でも、やりたいことや夢ばかりあってもなかなかうまく行かない。何を優先させるか。何のためにそれを学ぶのか。お金、時間、、いろんなものの中から優先されるべきは、想いなのか現実なのか。それともそこは欲張るべきなのか。

『好きなことが見つからなかったら嫌じゃないことから始めてみたら』というセリフをたまたま某ドラマで耳にした。

なるほど〜…。納得。

自分に置き換えてみた。

好きなことはやってる。

嫌じゃないことも…もちろんやってる。

やってるけど。

嫌、じゃないけど。けど。

自分じゃなくてもいい(ワタシの場合は専門性と必要性が求められていない)ことはどうも無駄に思えて仕方がない( ˉ ⌓ ˉ ๑)

嫌じゃないこと=無駄なことではない。

無駄なこととは。

やらなくていいことじゃないのかなぁ。

無駄だと思うことも意外と後で武器になったりもするから一概には言えないけれど。

限られた時間。好きでもなく、やらなくてもいいことなら、出来るだけ避けて通りたいなぁなんて思うのはわがままなんだろうか😅

そんなことを悩む今日この頃。

そんなどうでもいい話を、手紙にしてみた(笑)

f:id:physical141yuko:20191204180227j:image

 

 

 

 

想い、想われ。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20191202190230j:image

街中、クリスマス色が濃くなってきましたね。

ということで我が家もクリスマスグッズ出しました(笑)

ちょいちょい、話題に出してますが。

曲がりなりにも『トレーナーです』と名乗って17年が経ちました。契約して頂いたチームは数知れず。なんて言うと聞こえが良いけど…😅

いちばん短かったのは数ヶ月、いちばん長いところは10年。プロチームも経験させてもらったし、強豪と呼ばれる学生チームも経験させてもらった。その多くは自分が選手だった頃は到底立てなかったステージで戦うチームばかり。

そんなところで自分が選手のために出来ることは何だろう、どこで信頼を勝ち取るか、常にそれを考えていた。これは持論だけど自分もある程度動けないと、『フィジカルパフォーマンストレーナーです』とは名乗りたくない。

f:id:physical141yuko:20191202221150j:image

トレーナーとしての旬はいつまでだろう。いつまで、なんてことはきっとない。自分の思い描く理想のトレーナー像はその時その時で変わるだろうし、誰に、何処に就くかでも変わるし、どんな形で誰に、どこから求められるかでも変わる。

だから『旬』というのもおかしな話だけど、トレーナーを志した時から、何故か『いつまでも出来る仕事』だとは考えていなかった。

駆け出しの頃は報酬は貰わずひたすら現場を駆け回った。雑用も何でもやった。全てが経験になると思った。きちんと報酬をいただけるようになるまで4,5年かかって。そうなってからも現場をいくつも掛け持ちし、今までと変わらず雑用から何から何までそこで求められることは何でもやった。必要とされるところならどこまでも行った。いろんな対象者、いろんな競技。本当に沢山の経験をさせてもらった。

ぶっちゃけ、言葉を選ばずに言えばチームや選手はどこでも誰でも良い。それでも経験は積めば積むほど理想は高くなる。もっと強いチーム、もっとちゃんと自分を評価してくれるチーム…『もっと』と思い始めたら一旦立ち止まる。初心忘れるべからず。イシイを本当の意味で必要としてくれるチームや選手のために常に全力尽力、そして100%以上の成果と満足度をと努力する。それがpolicyだったはずだろう、と。信頼関係が構築出来ないチームはいくらお金を積まれても…嫌だけど。ビジネスライクに割り切れない。そんなにドライじゃない。それはプロじゃない、と言われるかもしれないけどそれは苦しい。双方向の『リスペクト』がないところには居られない。信頼関係≠相互依存ではなく、お互いのリスペクトだと思ってる。

双方向のリスペクトがあれば巷で話題の『タダでやってよ』問題もなくなると思うんだけどなぁ。これくらい教えてくれたって、思うかもしれない。実際にそんなことだったとしても…

お互いのリスペクトなしには、有り得ない。『これくらい』って思うならどーぞワタシではなくググってくれ、と思う。

どちらかがどちらかを見下してるアンバランスな関係ではロクな結果にならない。『やってあげてる』感が露骨に出るからだ。例え好意でやってあげたとしても、受けて側がそれをさも当然のように思い始めると好意で始めたはずなのに、『やってあげてる』へ変わりかねない。

さらにお金よりも価値のある明確な『報酬』がある場合、無料でやる意味は十分にある。その場合ももちろん手は抜かない。抜くわけがない。頭を下げてでも喉から手が出るくらいやりたい仕事が出来るなら、腹を括って目の色変えてやるもん。

そこ、そこなの。

相手がお願いしたい!と思うだけの仕事が出来ているだろうか。

是非イシイにお願いしたい!

こちらも頭下げてでも引き受けたい!

と想い想われる仕事がしたいのです。

アンバランスになるからフりフラれが起こる。

想い、想われ。

そんな仕事がしたい、そんな人と出逢いたい。

スキルも大事、でもそれだけじゃない人間としての魅力も大事。常に自分磨きです。

譲れない、でも勧めない。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20191201220610j:image

12月です。恒例の朔詣に行きました。

チャンス(chance)もセレンディピティ(serendipity)も準備が整っている人のもとに訪れる!

2020年、いい年にするための準備をしよう!と心新たに決めた12月のスタートです。

11月は気付きと出逢いの月でした。

ここまでどうにかこうにかやってきた大好きな、イシイの天職。

目の前にあることに価値を与え、何のために、とMISSIONを持って『今』を懸命に生きる。そしてこれでもない、あれでもない、とそれを置き換えていくプロセスの中で、自然に自分の方向性が見えてきて…やがてその先に、漠然とした夢のようなものが見えてきて。その夢は更新されていく。

自分の真ん中にあるもの。譲れないもの。

きっと仲間からも理解し難い生き方かもしれない。でもそれもそれだけ大切にしたいものを見つけてしまったから仕方がない。

そう、思えるようになった。

自分が有名になるとか、大金稼ぐとか本出すとか(笑)そんなこと求めてない。

選手が、チームが結果を出すこと。

その瞬間に立ち会いたいだけ。

ロールモデルなんていないし、こんな生き方、絶対にオススメは出来ない(笑)

あー、わかってくれとは言わないが♪

なんてね😛

f:id:physical141yuko:20191201233139j:image

譲れないものがある。

それはこの先も変わらない。

譲れないものを持つことは勧める。

けど、ワタシのような生き方はあまりお勧めしないかも。

情熱。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです🔥

" 成功するか否かは、その人の『能力』よりも『情熱』による。為すべき仕事に身も心も捧げる人間が勝利者となるのだ。"

なんていい言葉なんでしょう✨(笑)

チャールズ・バクストンというむかーし昔のイギリスの醸造家さんの言葉らしいです。

f:id:physical141yuko:20191130061941j:image

初めてお聞きした名前だったのでググったけど、写真はこれしか見つからず、、生い立ちや何かも全く出てこず。醸造家…ワインでも造られてたのかしら。そんなC.バクストンさん。ググると初めに出てくる言葉が『時はどんな代償を払っても、決して帰ってこない。もし時が欲しければ、自分の手でつくることだ。』訳し方によって多少の差異はありましたが、これまたいい言葉。

閑話休題

イシイ、実は常々思ってました。

『情熱』は伝染すると🔥

人を、大袈裟なこと言えば世の中を。

動かすのは『情熱』だと思ってます。

火のないところに煙は立たない。

熱のないところには何も生まれない。

筋肉も熱量(温める)で力が発揮出来るようになる。鉄だって曲げられる(笑)熱量失くして何も生まれない💪🔥

f:id:physical141yuko:20191130091304j:image

(たまたま見つけた鉄材アート。スゴイ😲)

でも一人の情熱だけでは何も為し得ない…というか、限界がある。多くの人の力を借りて、周りを巻き込んで行ける人(チーム)こそが成功する人(チーム)だと思う。

『巻き込む力』= 言い換えたら人徳とか、魅力ってことになるのかなと。

情熱がないと始まらないけど、巻き込む力もないと完結しない。熱量が低い人が周りに影響力を及ぼすなんてまず無理。(悪い影響も…ある意味伝染しやすいけど)

情熱を持つ。それプラス、MISSIONを感じているか、ということも重要かなと。一人で何かをつくりあげることは出来ない。出来たとしたらそれは自分のためだけのもので(例えば10,000ピースのパズルを完成させるとかすんごい精巧なプラモデルを完成させるとか←それを馬鹿にしているわけではない。それはそれですごいけど)結局自分だけのため…自己満足に過ぎないよね、と。チームや人が集まるところに属するということは、何かしらの役割を求められるわけで。

その役割こそ、誰かからの要望であり期待なんだと思う。それに応えたい。出来ることならその期待を上回る自分を魅せたい。そう思うかどうかって、熱量の差が見えるところ…かな?なんて。

f:id:physical141yuko:20191130084908j:image

どこかに属する、ということは少なからず何かに、誰かに影響を与えるということ。それはすなわち何かしらのMISSIONがあるということ。

情熱(Passion)があって、そこにいることの意義(Mission)があって、、同じ方向を見つめてる(Vision)が揃ってるって…魅力的だなぁ。そしてそれがチームなんです!ONE TEAM!!

情熱 情熱 情熱
ほら 情熱 情熱 情熱
真っ赤に燃えたぎるあの時の
情熱はどこだ!!

f:id:physical141yuko:20191130091245j:image

 

Sensitiveですが、何か?

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

清々しく読破。

f:id:physical141yuko:20191126191348j:image

『楽しくなければ仕事じゃない』。

この言葉一つ取ってみたら賛否両論あるのはわかるけども!読んでいくうちにこの方好きだわ〜、会いたい!会ってみたい!って思う魅力満載でした。

心に突き刺さる言葉がたくさん。

イシイ…実は結構Sensitiveな人間だと自負しております(笑)矢印の向きを自分に向けがちです。でも、それは悪いことだとは思ってなくて。むしろ客観的に自分を見ようとする作業の一つだと思ってます。ただ、Sensitiveゆえネガティブになりやすい。それはいけないと思ってて、そこは反省点。

幸運にも、10代の頃に思い描いていた夢を今、生きている。多少の不満はあれども。それって、ものすごくシアワセなこと(らしい、ということもここ数年で気付いた)。多くの人は好きなこと、やりたいことを見つけられなかったり、好きなことを仕事にしたりは出来ないらしい。

著書の中にこんな公式が出てくる。『E=MC²』

2つのCは『collect』、『connect』。

素材を集めて、繋げる。様々な材料の意外な組み合わせという、アイディア発想法だそうだ。
知識や情報は多い方がいい。しかし、ただ多いだけではなく、どう組み合わせるか、が必要で

『M』とは感動で人を動かすMOVING、MISSIONの『M』。

MISSIONと目的は何が違うのか。

目的には自分が儲かるため、名声を得るため…といった自分に向けられた目的も含まれるが、MISSIONというと、使命、つまり自分が周りに対して果たすもの、と言った意味合いが強くなる気がする。

社会を変えようという強い意志が、人の心を動かす原動力になり、自己の最善を尽くそうという想いの強さが、目標や問題意識を鮮明にしてくれる。自らの使命を自覚すること=矢印を外側に向けることが『E』エネルギー、エナジーを生む。

f:id:physical141yuko:20191126193722j:image

居ても居なくても変わらない。

変わったとしてもそれが日常になっていく。

それでも。『そこにいること』に意味とMISSIONを見出したい。

f:id:physical141yuko:20191126193911j:image

誰かのためって、めちゃくちゃ力出るんだわー、キレイゴトじゃなくて。

でも好きじゃないと、どこかでやらされてるって思っちゃうとその外に向けた矢印が何倍にもなって自分に突き刺さって、ツラくなる。違う違う、好きで、自分の意志でここにいるんじゃないのかよ。いやね、わかっててもツラい時もあるの!(笑)でも、なんかこれ読んでたら吹っ切れました(笑)そして、自分の意志でそこにいるなら『いい顔』しようって思った(笑)上っ面の営業スマイルとかじゃなくて、いい顔。誰でもいいかもしれないけど、せっかくそこにいるなら、いい影響与えたいもんね。

f:id:physical141yuko:20191127075857j:image

どんなに小さな仕事でも、何かに価値をもたらしたり誰かの大きな仕事、成功に繋がっているかもしれない。誰がやるか、何をやるか、ではなく何のためにやるか。…そう!世界は誰かの仕事でできている💪✨

" A dream you dream alone is only a dream.

A dream you dream together is reality. "

ひとりで見る夢は夢でしかない。

誰かと共に見る夢は現実。。

素敵な言葉よねー…Yoko!!素敵です✨

一人で見る夢は、夢でしかない。

自分の努力は勿論だけど、誰かに助けてもらって、協力してもらって実現することが出来る。

ワタシの夢は自分が有名になるとか、大金稼ぐとか本出すとか(笑)そんなことじゃない。選手が、チームが結果を出すこと。目標を達成すること。その瞬間に立ち会いたいんだ。。

そこにいることの意味、MISSIONを見出し、その時できる最高の仕事をする。

仕事を続けるためのモチベーションは" 誰かのために " という想い。その結果、『イシイ、いいトレーナーになったよね』なんて誰かに言ってもらえたらめちゃくちゃ嬉しい。

SensitiveであってもNaiveにはなるな。

え?Sensitiveですが、何か?(笑)

愛のカタチ。

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

f:id:physical141yuko:20191125085956p:image

11/22はいい夫婦の日、11/23はいい夫妻の日。

何とでもなるな…と思ったイシイは捻くれてますか?芸能界も結婚ラッシュでおめでたいことこの上なし。

結婚していないと、『結婚しないの?』

子供がいないと、『子供はまだ?』

一人産んでも『一人じゃ可哀想よねぇ』

2人以上産んで初めて何も言われない🤣そんな会話で数年前、職場のお姉さま方と盛り上がったことがある。

男性はどうか知らないけれど、女性は女性で仕事以外でも圧を跳ね除けながら生きてると思うのです。

バリキャリだとかワーママだとか。そんな固有名詞いらんと思うのよね。みんな違ってみんないいじゃん。わざわざそんな固有名詞つけなくてもみんな頑張ってるしすごいと思う。

どんなに理解しようとしても母親の大変さや素晴らしさは完全に分かり合えることはない。だって、命を産み育てるってとってもすごいこと。母は強しなんていうけど、友達でさえ、母になるとおおらかさというか余裕というか、その中にも凛とした強さなんかも感じられるようになる。ああ、母親になったんだなぁって。

社会に出てから、早く30代になりたかった。

30代に突入してからは早く40代に突入したいと今も思ってる。40過ぎたら、きっと聞きたがったてた周りも諦めるんじゃないかなって。ああ、出来なかったんだでもいいしつくらなかったんだでもいい。話題の選択肢に上らなくなるのはきっと40に突入してからかな、なんて。

自分ではそんなに気にしてなかったけど、良い年の夫婦に子供がいないと腫れ物に触るような扱い、と言ったら言い過ぎかもしれないけど段々聞きにくくなってくるみたい。そういう風に周りから思われてるみたいって話をちょっと前に旦那ちゃんから聞いた時はショックだったな。マジかー…悪いなぁ、申し訳ないなぁって。そんな思いさせてしまったか、と。

『子供は?』

聞いてくれて全然構いません。

出来ないわけじゃなく、願っていないからいないのです。欲しいと思っていないから。それって、ダメなことなのかなぁ。。

幸いなことに、うちは実の親からも(一人っ子なのに!)旦那ちゃんの親からも(旦那ちゃんは次男)孫の顔を見せてと言われたことはない。なんて幸せなんだろう!!笑

10代の頃はぼんやり思ってた。結婚して、親になって、、みたいな生活。

いつからか、そんな生活を妄想することも考えることもなくなって、子供がいる生活を妄想出来なくなった。やりたいことに夢中だった、なんて言えば聞こえはいいけど、子育てしながらやりたことやってキラキラしてる女性なんてたくさんいる。それでも、ワタシの中ではきっと親になる幸せよりも自分のやりたいことをやる人生への想いが強かったのかも。

人間として、女性としてそこんとこの感情が欠落したダメな奴なのかもしれません。。

欲しいと思わない、とはっきり伝えたことがあるのかないのかもう記憶も曖昧だし、本当はどうなの?とたまに尋ねても必ずと言っていいほどはぐらかされる。だからもう尋ねるのはやめた。もしかして諦めたのかもしれないけど、それでもいいや。一緒に居て楽しいし、同じもの見て笑えるし……十分じゃん。だから一生大切にしたいと思う。惚気とかではなく、こんな人、他にはいないっす(笑)

子供産まなくてもね、更年期は来るの!(笑)

結婚してなくても人生楽しいし、子供の居ない夫婦でも可哀想じゃない夫婦もいるの!(笑)

偽りの優しさとか上っ面な言葉じゃなくて、みんながみんなお互いのこと尊重して認め合える社会にはならないものかしら。どうしたって妬み嫉みって生まれるもんなのかな。自分の方が幸せって思い込みたいのかな。…だとしたら人間悲しいぜ!なーんて色々考えた週末でした🤣

f:id:physical141yuko:20191125085933j:image

いい夫婦の日(11/22)から遅れること二日。

2人で『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』を観る🤣ずっと観たいと思ってたけど、いい話だったなぁ。笑えて泣けた。(泣いたのはワタシだけだった🤣)榮倉奈々ちゃん、安田顕さん。いい味出してました。