Monologue〜フィジコISHIIの熱苦しい独り言〜

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。仕事のこと思ってること熱苦しく呟きます。

記憶を辿る。

改めて、ネットってすごいなと思った。

アスリートから運動苦手な人や続かない人、運動始めたい人、続けられる人になりたい人、、とにかく全ての人のために尽力したい!フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。

何故、ネットはすごい!と思ったのか。

今日の夕方めっちゃ空気が冷たくて、夜の帳が下り始めた頃の空がめっちゃ綺麗だなぁって思って。その時にふと断片的に、思い出した言葉があったんです。

悴む手を、夜空に翳した?手袋から、微かなオレンジの香り…、、そんな小説?詩?昔読んだなぁ、教科書じゃなかったっけ。

そんな断片的な言葉を次々検索するもなかなか出てこない😂

代わりと言っちゃなんだけど、たまたま違う思い出深い作品が先にヒット。銀色夏生さんの詩集。『月夜にひろった氷』。ほとんど挿絵のないシンプルな詩集だったと記憶。

f:id:physical141yuko:20210109012401j:image

ーポケットの中で、星が騒ぐのでどうしてもそれが騒ぐのでこの恋はあきらめようと思った―

この書き出しが、ものすごく衝撃的だった。

確か中学のクラスメイトが貸してくれたんだったと思う。当時好きな人がいたとかフラれたとかそんなんではなく、ただただ、この詩の世界観にがっつり心を掴まれたのを思い出した。

そして意外と古い作品だったことに驚き( ゚Д゚)

その後も手を変え品を変え、、で検索ワードを入れ替えてったら見つけた!!半分くらいしか当たってなかったけど、そうそう、これ!!

" …あ、ゆずのにおい。

f:id:physical141yuko:20210109013348j:image

" 少女は立ちどまって、もういちど、手ぶくろをかざしてみた。

きりきりとつめたい夜の空気のなかを、ゆずの香りはそこはかとなくただよって消える。"

この情景がものすごく鮮明にそしてきれいにイメージ出来たんだよね、当時。当時っていつやねん、と思ったら小学5年生の国語の教科書に載ってたみたいです。杉みきこさんの『ゆず』という作品でした。

いやー、すっきり。

にしても、こんな朧げな記憶から検索出来ちゃう現在のネットはすごい。

ただ、それだけの話でした(笑)

銀色夏生『月夜にひろった氷』

杉みきこ『ゆず』

 

 

風の時代。

2021年は(正式には2020/12/21かららしい)今まで200年続いてきた『地の時代』から『風の時代』に入ったそうですw

f:id:physical141yuko:20210106153223j:image

天文学占星術、スピリチュアル好きなイシイには面白い話題です。が、いかんせん目に見えないものですし聞いたところで信じるか信じないかもその人次第wな話題です。興味ある方は『風の時代』って検索すると多分ぶわーっと出てくると思いますw

地の時代だろうが風の時代だろうが何だっていいんですが、今思うことは『頭を使わないと生きていけないな』っていうこと。いや、大なり小なりみんな何かしら考えて生きてるとは思うんですが💦

コロナの影響でリモートが発達、やろうと思えばもう何でも出来ちゃう。結婚式さてリモートでやれちゃう。それはウエディング業界の方々が知恵を振り絞って、誰かのシアワセのために尽力した賜物。いやいや、やっぱやるならリアルでしょ、と言う人のためにもきっとものすごい労力を費やしたと思う。選択肢がある、というのは誰かの努力の賜物なのだ。

話が逸れた。

実は以前からオンラインには魅力を感じていました。それはフィットネス業界を経験したからかもしれません。日本のフィットネスクラブ参加率、これだけジムやクラブが乱立しても、人口に対してせいぜい4%程度なんです。もう少し増えたかな?でもたったの一桁!そっか、フィットネスクラブって誰もが通えるようで誰もが通える場所じゃないんだ、って思ったんです。お金と時間に余裕がある人が大多数を占めるのではないかと。それ以外にも運動したい人、運動している人はたくさんいる、はず。

f:id:physical141yuko:20210106160052j:image

それなのに?2035年には日本は健康先進国へ、と厚生労働省が打ち出していることを最近知りました。詳細はこちら👇(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokeniryou2035/)

提言されたのは2015年なので6年前、、、なんと、今やTVでは見ない日はない?のあの尾身先生もアドバイザーとしてメンバーにおられました(H.27時点)

厚労省関連の話題を引っ張り出しておいてなんなんですが、難しいことはどーでも良いんです。トレーナーとかインストラクターとか、言ってみれば誰でもなれる。YouTubeではそんなところで働いたことがなかったり経験がなくてもトレーニング動画を出したりして、人気もあったりする。そういうの見ると、、ちょっと切ないです😅これは、あくまで個人の感想。誹謗中傷でも妬み僻みでもありません。自分でトレーニング考えるのが面倒な時は手っ取り早くそう言うYouTubeで目についた『やりやすいもの』を選んでトレーニングしたりもします。見ながらフォーム直してあげたいなーとか、うーん、そういう蘊蓄(表現が悪い😅)言っちゃうのねー、んー、まぁその通りなんだけどさぁ、と思いながらトレーニングしてるんですが(笑)

zoomも、カメラONにしたくない人もきっといるんですよね。だからYouTubeなら好きな時に好きなようにやれる。サボったっていいし、とばしたっていいし。無料で自分の好きな時に出来て、しかも効果が出たらそりゃ言うことないし万々歳🙌🏼なわけです。自分でやれる人はそうやってお金をかけることなく健康になれる。誰かについてもらわないと出来ない人は当然オンラインだったりリアルだったりでパーソナルを選ぶだろうけど、そうなると多少なりともお金はかかる。

究極のヘルスケア、トレーニングって何だろうって考えるわけです。インストラクターでもトレーナーでもない人がトレーニングを教えたり、全然関係ない業種のはずなのにコンサル業をしていたり。何でもアリなんだなぁ、と思うわけです。需要と供給がマッチすればいいんだもの。となると、その道のプロはどうやって生きていけばいいのか、新規開拓をすればいいのか、、頭使わないと生きていけないよね。イシイ、曲がりなりにもプロだと思ってます。だけどトレーニングジムはおろかスタジオとかそう言った類の"箱"は持ってないし、これからも持つ気はないし。そんでもってずーーっとフリーランスだからほんとに、身体一つ。ボクササイズをやろうにも場所を借りないと本格的には出来ないし、ウエイトトレーニングの指導だって出来るけど、それが出来る場所にいかないと出来ない。出来ないことってすぐ目につくし思い浮かぶのよねー😅だってやっぱり運動することにコストはかけたくないって思う人、安価なものだと考えてる人、多いと思うんだよね。

届けたい人に届けるためには。

届けたい人に出会うためには。

たくさんの選択肢の中から選ばれるためには。

どうしたらいいんでしょ😂

常識をひっくり返したりいろんな人と話したりしながら模索するしかないんだろうけど。

イシイのやりたいこと?

もちろん必要とされる限りはアスリートのために尽力します💪🔥

大まかな括りはパーソナルになるんだろうけど。オンラインでもリアルでも、高価過ぎず安価過ぎないサブスクで、個々が自立して健康のために続けられる運動やストレッチや、何か目的がある方ならその達成のために何がいいのか、何を目標にしたら良いかわかんないけど運動しないとダメな気がする!なんて不安も一緒に考えて解決、提案してあげたい。YouTubeは嫌なんです😂やりたくない。そんな感じです。

f:id:physical141yuko:20210106165615j:image

I want。

あけましておめでとうございます。

2021年、最初の独り言です。

f:id:physical141yuko:20210104225151j:image

今年はね、日めくり買ったんです。

七十二候と月齢が書いてあるのが気に入って買いました。七十二候(しちじゅうにこう)って、日本の1年を72等分して、季節それぞれのできごとをそのまま名前にした、約5日ごとに移ろう細やかな季節のこと。知ってることでちょっと物知りになれて日本人であることを噛み締められるような、そんな感覚になれるのが好きです。そんな2021年昨日までの七十二候は『雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)』。麦って、秋に種を蒔いてこの寒い時期に雪の下で芽吹くんだそう。小出監督のあの名言を思い出します。

『何も咲かない寒い日は下は下へと根を伸ばせ やがて大きな花が咲く』

f:id:physical141yuko:20210104230232j:image

一年の計は元旦にあり、とは言うけれど。

いつの頃からか明確な具体的な目標ってないなぁって気付きました。そりゃ、関わってるチームで全国大会に行きたいなぁ、とかはあるけれど。それは、、いや、自分の頑張りももちろん大事だとは思うけど結局のところ戦うのは選手だしね。関係ないとは言わないけど、自分が100%どうこうできる目標ではないわけで。

と、なると目標って何だろう?と改めて考えてみました。

f:id:physical141yuko:20210104231530j:image

おかんがな、目標忘れてしまったらしいねん。

目標忘れるってどういうこと?目標忘れるって言うたら夢も希望もないようなもんやん!

とミ○クボーイのネタのようですが。

思い浮かばんのですわ、目標が😱

これに気付いたときは、結構…衝撃的でした。

え、目標ないってダメ人間やん!絶対成功出来ない人やん!(←完全に個人の見解です)

え、いつから?いつから自分そんな人間だったん?と焦りだす。そもそも、もうここ数年もやもやしてたのはこれだったのではないか?

『目標がない』。

決してやり残したことがないとか、自分が完璧だとかそういうわけじゃない。でもそんな時に思い出したセリフがある。

『やりたいことがあることがそんなに偉いの?!』

多分、10代、20代前半まではやりたいことも明確だった。目標も、あった。むしろ、目標がないなんて意味わかんない、とさえ思っていた。今まさに自分がそれ😂

仕事柄、自分のためにというよりも誰かのため、と想いがちだけどそれって…依存なのかなぁなんて。誰かが居て、の仕事なのは間違いない。どんなに資格を持とうが知識をつけようが…発揮する相手がいなければ宝の持ち腐れ。え、待って。この時点で間違ってたらもう完全にヤバいけど😂相手は、探しにいかないと、よね。花はミツバチを探しますか?探さない、待つの👠(爆笑)いやいや、待つにも準備は整えないとね、とは思ってます。そこを整えるのが目標かな、今年の。

ワタシ自身の『want』って、何なんだろ。He wantsでもなくYou wantでもなく、ワタシ自身のwant。

今日は小寒(実はこれは二十四節気)

"寒の入り"といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃。まさに朝から雪がちらついてる今朝。小寒から節分までの三十日間のことを『寒の内』というそうです。そして寒が明けると立春🌸

f:id:physical141yuko:20210105070806j:image

寒さに震える体は全身の筋肉をこわ張らせ、いつしか心まで緊張させてしまう。

それが時に人当たりの強さや冷酷さとなって表面化してくることも、ある。

この時期に相手の健康を気遣う『寒中見舞い』という風習がある日本はなんて素敵なんでしょう。周りの人たちに思いやりをもって接しながら、この寒い時期を心温かく、目標を探しながら過ごそうと思います。

強くあれ。

あと数分で2020年が終わりますね。

今年は珍しく格闘技をメインに観てました(笑)

想像していた2020年とは結構、違いました。

行きたかったところはたくさんあったけど、どこも行けなかったし行かなかった。

熊野古道のマラソン大会も出たかったし、戸隠神社三峯神社、、みんな神社やん!っていうツッコミはなしで(笑)

会いたい人もたくさんいたけど、会いに行けなかった。やりたかった仕事も依頼されてた仕事もなくなったりした。仕方ないよなぁ、なんて思いながらもこの先、どうしたら良いんだろうと考えるきっかけにはなったよねー。

確かに我慢は強いられたし、やりたくてもやれないことがたくさんあった。でも、それって…言い訳もきっと、少しはある気がする。いつも通りの日常だったら全部チャレンジしていたか?それもまた、疑わしいもんだ。出来なかったからやりたかったなって想いに色濃く塗られて、何でもかんでもコロナのせいにすべきではない、とも思うわけ(笑)ていよく、"出来なかった理由"になって良かったって思ってる人もいるんじゃないかなー、、なんて。そんなこと言ったら今も最前線で働く医療従事者の方々に申し訳ないけど。

自分の力で何とも出来ないことの方が多い。

その中で膝を抱えて出来ないことを嘆くより、何が出来る?と常に可能性を探して動く、考える人間でいたい。考えて考えて何も残せなくてちっとも前に進めなくたって。それを無駄だったと思わず考えることをやめない。それはシュートが入らなくても必ず決める、俺が決める、と打ち続けるメンタルに似てる気がする。

アタシは、アタシ。

納得のいかないことは出来ない。

キレイゴトかもしれないけど、自分のためより誰かのために力を発揮したい、できるタイプ。

"誰か"がいないと持ってる引き出しも、正直どれを開けて勝負したら良いのかわかんない。

そういうところがダメだとか三流だとか言われたとしても、それがアタシ。

オンラインで日本中どこでも繋がれる。今年、多くの人がオンラインでの仕事や居場所を確立したことと思う。今まで出逢えなかった人とも出会えるチャンスがある。嗚呼、日本のどこかにワタシを待っている人がいる…なんて。

イシイを必要としてくれるひとの元にすっ飛んでいけるように、力になれるように。

もう少し自分のこと発信しないとなぁ、熱苦しい独り言ばっかりじゃなくて、、と思った。

役に立ちたい、力になりたい人と出会えるように。出会った時に力不足を感じて自分自身が悔しい想いをしないために。

Sky is the Limit.

限界はない。

突き抜ける青空を見上げて、常に希望と可能性を探る心を持ち続ける強さを。

誰かの力になりたければ、強くあれ。

 

 

 

 

 

コツコツコツ。

今年も気が付けばあと3日で終わる。

コロナに翻弄され、年の瀬は数年に一度クラスの大寒波に見舞われるとか。何とも抗い難い一年だなぁ、、最後まで。今年は誰もが予想だにしない、そして経験したことのない一年だったと思う。

いやでも自分と向き合う時間が増えた。

自分はどう生きたいのか、何がしたいのか。

自分のやりたいことは誰にも求められていないんじゃないか、とか。悪い癖、発動。

もうそうなると負の無限ループ(笑)SNSがキラキラして見えて、投稿することも億劫になったりして…完全なる負のループ(笑)

このご時世、自分よりも苦しい境地に立たされてる人なんてたくさんいるだろうに何て甘っちょろいんだろう、と自身に向けて刺さる大小の刃の多いこと多いこと(笑)3〜5月頃が一番酷かった。普段なら関わらないような人と関わってマウント取られたり…😅何でそんなん言われなあかんねん!!と我にかえることも😅普段と違うって、恐ろしい(笑)それでも学校が再開され、部活動や試合が開催されるようになると、やれることとやらなきゃいけないことに忙殺されてそんな負のループにいたこともいつしか薄れ、"新しい生活様式"の中でもほぼ今までの日常に戻ったような毎日を過ごすことができた。

試合もレッスンも全て終わったのは、クリスマスイブ。そこから認定試験の課題提出やオンラインセミナーを詰め込み…ようやくああ、もうあと3日かぁと今朝を迎えたというわけです。

学びを辞めたら、教えることも辞めるべき。

でも学べば学ぶほど、自分が中途半端に思えたりもする。今のアタシに出来ることは、誰にでも出来ること…。自分にしか出来ない何かがある、なんて思ってない。そんな卓越した人間じゃない。昨日も言われました。知識やスキルで生きてくタイプじゃないって🤣

多分、アタシの強みは人と人との繋がりを大切にするところ。ご縁に恵まれているところ。

Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.
(明日死ぬと思って生きなさい。)
(永遠に生きると思って学びなさい。)

学んだことは、浅くても無駄にしない。

現場にアウトプットして誰かの力になりたい。

全てはチリツモだから。

コツコツ、コツコツ。"桑田ロード"のような足跡を残せるくらい一日一日をしっかり生きよう。しっかり生きるって、漠然とし過ぎてどうすることがきっちり生きるってことになるのかわかんないし、365日毎日そんなきっちり生きられるわけないけど…せめて嘘をつかないとか(小学生か/笑)、夜寝る前にその日のこと思い返して自分の感情と向き合うとか。来年からと言わず今日からそんな風に生きようと思います。

 

軌跡。

昨日で、異様なシーズンが終わりました。

いろんなものに翻弄されながら戦ったシーズン。もちろんそれはどのチームも条件は同じだけど、選手の職業や家庭事情によっては制約もあったりでなかなか同じ条件、とは言い難かったように思える。それでも(多々物申したいことはあるが)大会を開催するために尽力してくださった方々、協力してくださった方々には本当に感謝しかありません。

先日、体操の内村航平選手の『開催出来ないかもしれない、ではなく "どうやったら開催出来るか" を考えましょう』的な発言を聞いた時も思ったけど、出来ない、やれない、は理由はいくらでもあるけど"どうやったら出来るか"にフォーカスして進めていかないと何も立ち行かなくなってしまう。何もせずに文句ばかり言う人間にはなりたくないなぁと思うのです。

崖っぷちで臨んだ最終節。残り2試合で2勝が全国への条件だったものの、土曜日の試合を落とし、あとは他力で僅かな可能性にかける、、、いや、終わりよければ全てよし。相手はリーグ開幕以来4戦4敗中と未だ勝ち星のないST。大金星をあげて締め括ろうと臨んだラストゲーム

序盤から珍しくリードを保ち、多少のT.Oはあったものの持ち前のDFもいい感じに機能し、いいところでシュートを重ね、前半を6点リードで折り返す。恐らく、こんな展開はリーグ初年度の初顔合わせ以来?いつもなら追いかける側だけに(まぁ6点なんてセーフティでもなんでもないけど)どんな気持ちでコートの5人は戦っていたんだろう。一進一退の攻防の中、3Q.終了間際に畳み掛け8点差をつける。いつもならなかなか見せないガッツポーズなんかも飛び出した。ファウルも嵩みなかなか苦しい展開だったけど全員が必死に食らい付いていた。4Q 残り4'27で相手チームのTO.その直後に初めての逆転を許し79-81。向こうも必死だった。言ってみれば、向こうはうちに負けたところで順位変動があるだけで全国への切符は手に入れているのにも、関わらず。それだけ相手を追い詰めることは出来たと言っていいと思う。

手痛いファウルでFTを献上し、94-95。

残り時間は1/4。勝利しか、想像してなかった。

腕を突き上げ、号泣する準備は出来てた。

ベンチの目の前、みんなが見守る中でエースが渾身の3Pショット。軌道はまっすぐで、完全にスウィッシュだと誰もが信じて疑わなかった。

f:id:physical141yuko:20201221085210j:image

無常にも、リングに弾かれてゲームセット。

初勝利は目の前を掠めていった。

最後のOFは今年の最高傑作だった。

仕方ない。

だから必死に涙を堪えた。

負けた悔しさよりも、勝負の無常さ、ここまで戦えるチームになったという高揚感、いろんなものが混ざり合って泣きそうだったけど、ここで泣いたら最後にシュートを打った選手に申し訳ない。シュートを外した選手の責任じゃない。最高のOFだったんだもの。

f:id:physical141yuko:20201221093906j:image

紆余曲折あって、それでもなおここまで戦えるチームになった。

掴めるところまで来たこの悔しさを忘れずにもう少し努力したら必ずランクアップするよ、というバスケの神様からの辛口なプレゼントだと思うより他ない。

悔しさは、心に刻んで努力しないとすぐに冷めて忘れてしまう。とてつもなく悔しい。アタシが悔しいんだから選手はもっと悔しかったはず。どれだけの選手がこの悔しさを糧に一皮も二皮も剥けるか、、少しのオフを挟んでまた選手たちの力になりたい。

勝ちきれなかった、ラストゲーム

それでもここまで戦えるチームになった今シーズンの軌跡を象徴したような最後だったのかな、、でも、さ。あそこまでいったら勝たせてくれても良かったよ🙄バスケの神様。

でも、ま。負けに不思議の負けなし。まだ早いってことなのかなーーー😂

いつまで待てばいけるんだ😂愛しの全国!!

 

 

 

 

背中。

f:id:physical141yuko:20201214081044j:image

14年もプロの世界から遠ざかっていたにも関わらず48歳と思えない見事に仕上がったユニフォーム姿は素敵だった。それだけに"もしかして"っていうワクワクを感じた人も多かったのでは。無論ワタシもその一人。

新庄剛志氏がプロ復帰断念の意向明かす「1%の可能性を信じてやって来たが…」

https://baseballking.jp/ns/258232

何とも潔く、6日間のタイムリミットを持って、どこからもオファーがなければそれで終わり!と。48歳と言う年齢での挑戦、仕上がり、センス、ポテンシャル…チームにいてくれたら(言葉は悪いけど)扱いにくいけど、きっと良い起爆剤的な存在で、代打で出てきてホームラン打っちゃったり…そんな姿、観たいよねなんて思わせてくれる選手だと思う(笑)でもやっぱり甘くないのね。。トライアウトで結果を出しても、14年のブランクのある選手と、毎年プロの世界の扉をノックする、彼の年齢の半分以下の若手選手を天秤にかけたら、、言うまでもない。彼がまだ戦力外通告を受けた現役選手だったら、また違ったんだろうけど。

自分を信じてやり抜くこと、挑戦することの格好良さ。それを彼の背中に見た人は多かったんじゃないかなー。

誰でも出来ることじゃない。環境云々、到底誰にでも出来ることではないけれど。じゃあ同じ環境にいたら挑戦する?と問われたら本気で挑戦出来る人、何人いると思う? 恐らくそんなにいないと思う。それくらい、すごいこと。

挑戦するからには年齢とかブランクとか言い訳にしたくない。社交辞令として?自虐として言うことはあっても心の中ではそんなこと思ってない。かく言うワタシだって、あの4年間は自虐的に年齢のことを話題に出したりもしていたけど、やるからには年齢がダブルスコアだろうがなんだろうが対等にやる!と足を引っ張らないようにほぼ毎朝走ったりもしていた。そもそも選手としては未経験というのもあり、うまくいかないことも多くその時ばかりはやっぱり年齢に勝てないのかと、弱気になることなんて…多々ありましたとも。もちろん😅

f:id:physical141yuko:20201214084914j:image

新庄さんのように『いくつになっても挑戦した自分に悔いはなし!みんなも挑戦する楽しさをわかってほしいなぁ!』なんて口が裂けても言えないけれど、それでも31歳からの4年間、一ラグビー選手として必死になれたことは間違いなく人生の財産になりました。もっともっと頑張ってる人、挑戦してる人なんてごまんといるだろうけど…ワタシなりに今までスポーツやってきた中で一番しんどかったし一番のチャレンジだったんです。

選手が1%の可能性でも信じて戦うなら、それを何とか支えたいと思う。

勝った姿に泣けるのは、日々の努力や負けた姿を観てきてるから。負けた姿に泣ける時は叱咤を含む悔しさか、努力が報われなかった悔しさ。負けた姿なんて観たくはないけれど、負けたことがあるから強くなる。力になりたいから、泣いても笑ってもずっとここに居続ける。

話がとっちらかったけど、新庄剛志選手の挑戦を観て、そんなことを考えたのでした。

背中がカッコいい人間に、なりたい。