Monologue〜フィジコISHIIの熱苦しい独り言〜

フィジカルパフォーマンストレーナーのイシイです。仕事のこと思ってること熱苦しく呟きます。

所詮は、価値観。

10人いれば10通りの夢がある、と前回も書いたようにたとえ同じチーム、職場にいたとしても価値観というのは人それぞれ異なる。似たようなもの、全く違うもの…それこそ10人いれば10通りの価値観や考え方がある。それでも妥協点を探ったりしながら同じ場所にいる。それが苦痛な人は居心地のいい場所を求めて去っていく。性格も価値観もばらばらな人間同士がどうして"そこ"で出会うのか。考えてみればものすごく不思議なことだと思う。

 

そもそも同じ価値観の人間しかいなければ争いは起きないのだろうか。平和で穏やかな世界になるのだろうか…とまぁ、そんな飛躍した仮説は置いといて(笑)チームに置き換えよう。勝利が共通認識だとしても、"チームのために"プレーする人間もいればその想いは持ちつつもやっぱり自分が活躍したい、と思う人間もいる。試合に出られなくてもチームのため、勝利のためと働く人間もいる。目指すゴールは同じでも思い描き方の違いは価値観の相違だと思う。

 

同じ目標に向かって苦楽を共にするうちに、何となくみんな同じ考え(価値観)だと錯覚しがちだと前回も書いた。どうして錯覚するのか。想いは、目に見えないから。有形じゃないから。どのくらいの熱量でどのくらい真剣に取り組んでるか、ゲームのように数値化して誰もが見れたら錯覚することはないし、無駄に期待することもない。見えないから錯覚もするし期待もする。自分の都合のいいように。

 

 

最初から"ない"とわかってるものと、

"ある"(あった、あると思った)から"ない"に転じたものとの差が大きい。

最初から"ない"とわかってるものに関しては何とも感じない(そこでもがき得ようと努力するか否かは価値観と熱量)のに、"あると勝手に思い込んでいた)" が "ない"に転じると、どん底に突き落とされたような気分になるから不思議だ。誰かに『あるよ』と言われたのなら騙された!と怒りや悔しさ湧いてくるだろうけど、これがもし"ある"と自分が勝手に期待して信じて疑わなかった場合は、勝手な思い込みに過ぎないのにショックが大きかったりする。

 

 

人と人との出会いは単なる偶然ではないとは思う。それぞれが、それぞれの場所でいろんな想いを経験し、選択してきた結果が今。

全く同じ価値観じゃなくても同じような価値観に従って選択してきた結果、今ここで出会ったわけで。そもそも全く違う価値観であれば出会わなかったかもしれないし、もし出会ったとしても居心地の悪さに長くは居られないかもしれないし、何かのきっかけで考えが変わってそこに留まりたいと思うかもしれない。そう考えると、全てはその人に必要なことで偶然でも何でもないのかなぁ、なんて。

 

 

今この瞬間は、今までの自分の選択の結果であって正解でも間違いでもなく…どう捉えて、どう進むかなのかなと。

 

育ってきた環境も価値観もみんなそれぞれだとわかっているのに、同じ場所にいたり、同じ方向を目指す仲間にはどうも勝手に期待したり錯覚してしまいガチで無駄に傷つくことも多い。ハナから"ない"と思っていればそれがいざ"あった"ときはとてつもなく嬉しいだろうに、なかなか初めから"ない"という選択を出来ないワタシは学習能力がないのか、ただのお人好しなのか(笑)傷付くことには慣れている。でも常にマイナスな感情から始めたくないのだ。だから常にかすり傷や痣を全身につくりながら生きるしかない。わかっているから周りに八つ当たりしないように生きたいと常々思うのです。

 

 

某ドラマの再放送を観ながら、そんなことを思った(笑)最近はドラマや映画について"反省会"と銘打って、面白くないとかありえない、がっかりしたなんて投稿が飛び交ったりもしてるようだけど。どんな作品にも教わること、感じることってあるもんだと思う。誰かが想いを込めてつくったものなんだから、ないわけがない。だからね、所詮価値観なのよ(笑)

クレイジーの境地。

 

十人十色というように、人の数だけ夢がある。

同じゴールを目指していてもどう達成するか

とかどのくらいで達成するかとか。大まかなイメージは同じでも、細かいところはそれぞれ同じではないはず。

 

だから、チームは生きものなんだと思う。

例えば県大会で優勝したい、ブロック大会に出場したい、はたまた夢は大きく日本一になりたい。どんな、どれくらいの夢でもいい。ただ同じチームにいても同じ目標を掲げていたとしても、全員がピッタリ同じ方向を向いているわけではない。同じ場所にいて何となく同じ方向を見ていると思えても、見え方はまちまちだと覚えておかなければいけない。めちゃくちゃ遠くに見えてる人もいれば、手を伸ばせば届くような射程圏内に捉えている人もいる。でもめちゃくちゃ遠くに見えていても段取りを踏んで確実に虎視眈々と狙う人もいれば、呑気にいつか辿り着けたらいいな、なんて思ってる人もいるかもしれない。

 

見え方の差は、温度差だと思う。

今にも届きそうなところに見えている人は燃え盛る炎のように熱い人。虎視眈々と段取りをくんで進む人は炭タイプの熱い人。温度も燃え方も違う。呑気な人や脇道に逸れがちな人なんかは人肌程度のぬるい温度。冷めることもないけど、熱くなるにも時間がかかる。意外と組織にはこういう人が大部分を占めるのかもしれない。そういった人には燃えるように熱い人は迷惑な時もあるだろう。逆の立場からすれば同じ方を確かに見ていたはず、見ているはずなのにもどかしくてイライラすることもあるかもしれない。

 

きっと、どちらの温度もあっていい。

どちらにも言い分があって、どちらの言い分もきっと間違いではない。ただ、目指すべきものか近かれ遠かれ同じならば、やはり温度は高めに保たれている方がいい状態だと思う。

それがチームが生き物たる所以であり、個性だ。人の数だけあるその夢は、必ずと言っていいほど自分一人では叶えることは不可能だ。

違う温度の人たちが手を取り合いスクラムを組めば、叶うかもしれない夢があるなら。

そこにいる全員で叶えたい。

そのメンバーで叶えたい。

 

気をつけるべきことは、全員が同じ方を見ていると錯覚しないこと。

あるかもしれない。ないとは言えないけれど、それはなかなか長く続かない。常に前向きな言い合いが飛び交うチームは全員が同じ方を見て爆進してめざましく成長を遂げている時。

全員が同じ方向を向いていると錯覚した状態では空中分解しかねない。そうなったときの喪失感は耐え難い。いちばん近くにいる家族という身近な存在でさえ、同じ方向を見ているようで見る角度や見方が違うことに気付いてしまうことがあるかもしれない。アタシは、そういうところに敏感な方だと思う。自分のチームなら、全員が同じ方向を見ていると信じたい。

 

だって、それは帰属意識というか愛でしょう?(笑)カンタンにいろんなものを諦めたくないのよ。だからオカシイと思われても常に熱い人間でいよう!と思うのだけど。

 

アタシも人間なのでなかなか、どうして。

そこまで突き抜けたcrazyの境地にはまだ辿り着けてません。

努力は、。

3ヶ月に渡る、朝の情報番組内のドラマが本日最終回を迎えた。

"あの"お笑いコンビがM-1で優勝するまでの軌跡を描いたノンフィクションみたいなドラマ。

何ででしょ。結果がわかってるのに改めてそこに至るまでのアレやコレやを見てしまうと入れ込み方が変わる。途端にめちゃくちゃ応援した人多かったはず 笑(←何度も言うけど結果はもう誰もが知ってる)

 

アタシだって結果知ってたのに泣いた 笑

 

このドラマを見ずともこのコンビのお二人が遅咲きも遅咲き、40overと50overで下積みが長かった、みたいな浅〜い情報は多くの人が知っていたはず。でも改めてこういったドラマでここまでの軌跡を見ると(もちろんお二人の人柄がいちばんなのかなとも思うが)、あのM-1優勝という偉業がものすごく感慨深いものに思える。

 

恐らく家族側の視点も多かったからだとも思うけれど、多くの人がああ、努力って報われるんだな、良かったなぁって。いちばんの感動ポイントってそこだと思う。お笑いをやりたい!っていうブレない想いを持ち続けて、どんなに上手く行かなくても夢を捨てずに努力したからこその、結果。

 

 

アタシね、思ったんです。

このドラマ観て、今日の最終回観て。

確かにお二人のここまでの様々な苦労を見たりしてああ本当に良かったね、諦めなくて良かったね、と。でも、このコンビ以外のコンビにだって比べられない本人たちにしかわからない苦労があって、同じように泥水啜って這いつくばって、決勝の舞台に上がったコンビも居たはず。予選通過出来なかったコンビだって居たはず。みんなみんなきっと同じように努力してたはず。それでも優勝出来るのは一組だけ。その他の6,000ちょいのコンビもみんな参加したコンビはみんな、優勝して人生変えてやる、その一心で臨んだはず。それでも栄冠を掴むことが出来るのはたったの一組。その一組に輝いた人はその他の人たちの分も…なんてことは言わない。やりたいことを見つけるのも才能。やりたいことを続けることも才能。その結果、夢を掴めてもその先も続ける限り悩みは尽きない。でもそれは"贅沢な悩み"なんだ、ここでしか今だから味わえる悩みなんだと変換して頑張って欲しいなって思うのです。せっかく掴みとったチャンスなんだから。

 

 

とある、ラグビーチームにいる友人が、いつだったかこんなことを話してくれた。

『高校、大学の頃は口が裂けても日本一獲るなんて言えなかったけど、今やっとそのチャンスが巡ってきたと思ってます』

確かそんなニュアンスの話だった。

彼はそのチームにもう15年近く在籍していて、どん底も経験して、それでも純粋にラグビーに対する愛情と情熱を捨てずに続けてきた結果、様々な巡り合わせや運もあってそんなチャンスが巡ってきた。頂点を掴めるかもしれないチャンス。ずっとずっとブレずに努力し続けてきた彼だから、巡ってきたチャンスなんだと思う。ほんの一握りの人しか味わえない、極上の興奮とプレッシャーのシーズンが明日から始まる。しかも、その初戦に4年振りにサポートするチャンスがアタシにも巡ってきたっていう。何だか彼との縁を感じました。

 

 

努力は必ず報われる。それは、嘘だ。

頑張ってる人なんてたくさんいる。報われない人は頑張ってないわけじゃない。頑張っても結果が出ないことはある。だから諦めないで続けられる人が最後に残るんだろうな、って。

 

アタシも、やりたいことやり続けて来た今だから。今ちょっと燻ってるけど、それはアタシにしか味わえない今、ということで。もう少しこの状況を光栄に思えるだけのメンタルを持てるようにしよう、と思ったのです。ありがとう、『泳げ!ニシキゴイ』。

 

 

 

温度。

 

元来、文系人間なので理系の難しいことはさっぱりなのだけれど。

 

水(常温25℃と仮定)が沸騰するのには、どれくらいのエネルギーがいるんだろうとふと思った。

オッケー ○oogle、水が沸騰するのにどれくらいのエネルギーが必要?とググる

 

f:id:physical141yuko:20220911180929j:image

 

難しいことはよくわからないけれど、

水1gを1度上昇させるにはエネルギーが1cal必要らしい。わかりやすく1ℓの水(1,000g)を常温(25℃と仮定)から沸騰(100℃)させるには、ざっくりいうと25℃→100℃、75℃上げる必要がある。つまり1g→1cal、1ℓ→1,000g→1,000cal。

ということは1,000×75→75,000calで、cal×1,000→1kcalになるので、結果75kcalのエネルギー(細かいことは言わず)が必要ということになる。75kcalってどれくらいのエネルギーじゃい!というとこれまたざっくり言うと体重60kgの人が10分水泳すると75kcal消費する。

 

 

水を75℃上げるのにこれだけのエネルギーが必要なのに、100℃の水は放置すると1分経過するごとに1℃下がるそう。温度を上げるのにはエネルギーが必要なのに、下がるのにはエネルギー要らないんだ…、、。わかってたような、でも改めて調べてみるとちょっと茫然(笑)。だって、熱い状態を保つには当然エネルギーがいるのに、冷めるのはエネルギーいらないんだもんなぁ。放っておいても、冷める。熱い状態を保つには"熱"がいる…人間も水と同じだな、なんて思ったわけです。熱量(モチベーションとか意識とか)の高い集団はそれを構成する人たち一人一人が熱量を発して、結果、チーム(集団)全体の熱量(モチベーションや意識)が高い状態にある。ポジティブな集団は熱量が高い。逆にネガティブな集団は何もしないで現状に不平や不満をこぼすことはあってもそれを改善しようというアクションがなければ、熱は上がらないし、下手したら周りの温度さえ下げかねない。

 

 

自分の熱を保つことも、難しいことはある。

それが集団(チーム)ともなれば、一人だけの熱量ではなかなか全体の熱量は上がりにくいし、時間がかかっても全体に広がって温度が上がることもある。あるけども、それまでに相当な熱量を発し続けるだけのエネルギーは相当必要になるし、一人ではやっぱり限界もあると思う。それでも、冷め切ってしまったら熱くなるまでエネルギーも時間もかかる。。

 

ポジティブに進めているときは自分も周りも熱量が高い。ネガティブがちだったり、うまく行かないときは誰かが、気が付いた人から発火したらきっといい方向にいく。一人はキツい。キツいけどその一人がいなかったらいつまでも熱は上がらない。

 

"居心地のいいぬるま湯"は、冷めやすい。

その温度を保とうとするにも熱量はいる。居心地の良さを保つために努力するか、居心地の良いところに移るかのどちらか。前者なら居心地の良いぬるま湯はきっといい保温状態。冷めないようにしようって、努力じゃん。

 

熱を発し続けるのはしんどいかもしれないけど、冷めたくない。どうしても熱を発し続ける気力が保てないときは、せめて自分の大事なもの、大事にしたいものだけは見失わないようにしっかり握りしめて、耐える。そうしたらたとえ冷え切ってもきっとまた熱を発することが出来ると思うから。

 

 

ぬるま湯よりは熱めのお湯がいいなぁ。

アタシはね。

夏の終わり。

今年も夜通し丸一日ぶっ続けの番組が終わった。
あれが終わると本格的に夏が終わろうとしてるんだなという気持ちになる。
大概、オープニングだけだったり最後のマラソンのゴールシーンだったりしか見ないのだけど(大体にして直後や翌日にハイライト的な特集や舞台裏の特集なんかがあるから気になったらそっちで見たりする)

こんなにもSNSが発達したのはいつからだろう。殆どつぶやくことはないが情報収集のためにアカウントが存在するTwitter。情報収集に関してはめちゃくちゃ便利だと思う。つぶやきたい人、教えたい人がいるお陰でワタシのような人が発信者の知らないところで恩恵に預かっているわけだ。

SNSのなかでもとりわけ素性が分かりにくい気がするTwitter
顔が見えないと人はこうも攻撃的に物事を発信出来るのか、と恐ろしくなる。
それと同時に関わることのない人たちの言葉のチョイスや見方の角度、自分にはない思考なんかに触れられるので目を通して苦しくなることもあるけれど、なるほどなぁ、と思うようにしている。

 

 

さてそのまるっとぶっ続けて放送する某番組について。
実をいうといつの頃からかあまり好きではなくなった。
どうも演出が熱過ぎる(笑)のだ。健常者であれ障害をもっている方であれ、誰かが何かを必死にやり遂げようとする姿はそれだけで十分ドラマがあり、十分胸が熱くなり、号泣するには十分すぎる。そんなの、まるっとぶっ続けて観ていたら泣き疲れて頭痛がしてくるのが関の山。それなのにそれに輪をかけて感動を誘うような演出になっている気がして…泣き疲れしたくないのよ。感動するのが分かってるから。そこまでやんなくても十分感動するのに…と。同じように思っている方々もごまんとおられるようで(笑)Twitterには現に障害のある方が『なぜ障がい者は挑戦することを強いられるのか』的な書き込みを発信していて。あぁ、そういう捉え方もあるのか、と。

TV番組とは言え、挑戦を強要されたわけではなく、きっとご自身が挑戦したかったことをテレビ局がバックアップしてあの番組が成り立つ。挑戦しない人がダメなわけではtyなく、挑戦したくても挑戦できない人を誰かがバックアップする、サポートすることで想いを叶えることが出来る(放映される、という最大のリスクはあるけど)。それって素晴らしいことだなと、なぜか今年のワタシは思えたのです(笑)しかもこんな境遇の人もいるんだ、こんな障害をもっている方もいるんだ、こんな障害があるんだ、と取り上げてもらわなければ知らなかったとだってたくさんある。そういったものに触れる機会が一年に一度ある、それはそれで素晴らしいじゃないか、とまるで今までとは真逆の見方が出来たのです(笑)障害をもっている方の本当のところはやっぱり同じ境遇の人にしか結局のところ伝わらないかもしれない。いや同じ境遇であったとしても個性や価値観が違えば分かり合えないかもしれない。…そう考えると所詮人間は誰とも100%わかりあうことなんて出来ないんだな、と切なくなるけど、そもそもが無理な話なんだろうな。わかんないんだよ。本当のところなんて結局。でも”わかりたい” ”わかろうとする”、同情ではない歩み寄りをお互いが持つことは出来ると思う。それは知ったかぶりとは違う。そこははき違えてはダメ。

 

ワタシは常に”わかりたい”と歩み寄ろうとする気持ちを忘れないようにしている。
自分と真逆の考えだったとしても(言葉のチョイスやシチュエーションによってはカッチーーーンって来てしまうことありますが)何故そう思うのか、なんでそんな言い方しか出来ないのかをまず考えよう、と。(その時点で9割ワタシが歩み寄って感じがするけど笑)それって…正直、心が折れそうになる時もあるし、歩み寄る以前にぽっきり折られることもある。それでもやめられないんだなぁ…きっと、この生き方。

 

 

とまぁ、そんなこんなを考えていたらあの番組も強ちお涙頂戴系の押し売りの番組でもなくて、挑戦することの大切さとか頑張ってる姿勢って何にも代え難い尊いもんだなぁって、今年のワタシは思えた。

直前にこの本を買ったからかも。

 

f:id:physical141yuko:20220829164027j:image


ものすごく良かった。

何度も何度も読み返したい。

読み返すたびに違う読了感を味わえそうな気がする。きっとワタシはこの作品の著者の午後さんと内面は近いものがある。

 

f:id:physical141yuko:20220829164312j:image

f:id:physical141yuko:20220829164321j:image

 

 

改めて人に優しくありたいなと感じた夏の終わりでした。

 

作品▷眠れぬ夜はケーキを焼いて1,2

著者▷午後

WEBでも読めるようです。良かったら。

https://ddnavi.com/serial/nemurenuyoruke-ki/

 

1mmの、。

 

シンクロは最近?名称を変えてアーティスティックスイミング(AS)と言うらしい。その世界選手権のソロで日本史上初の金メダルを獲得した乾さん。

 

 

f:id:physical141yuko:20220824172730j:image

写真はYahoo!ニュースからお借りしました。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/8ca41c02bd8ee78a0792fc1e340b0fd6326284ed)

 

 

乾さんのコーチはあの井村さん。

昨夏の東京五輪後、日本代表ヘッドコーチを勇退した井村さんが専属コーチとして徹底指導したそう。ロシアとフランス以外のソロ金メダルは初の快挙。ロシア勢が不参加だったとは言え、素晴らしいことだ。

その、乾さん。

井村さんの言葉で大事にしている言葉があるとインタビューで話していた。

それが『1ミリの努力』。

いきなり10cmは無理でも、1mmだったら頑張れるかもしれない。そうやって毎日毎日1mmの努力を続けていたら10cmに届く日が来る、的な。

 

 

この言葉の起源は2002 年のアテネ五輪でシンクロデュオで銀メダルを取った立花・ 武田選手を指導していた時に遡る。

デュオで大事なことは息が合い動きがズレず、同じように見えること。 しかし、立花選手と武田選手の身長差は5cmあったそう。そうなると特にジャンプに差が出たらしい。そこに違和感を覚えた井村さんが、武田選手に"あと 5cm 高く飛べるか?" と聞くと、武田選手は"無理です...できません"と答えたそう。そりゃそうだ。地上でだって5cmは相当だ。それを水中からのジャンプで5cm…。でも、あと5cm高く飛べないと綺麗には見えない。そこで井村さんがかけた言葉が、"明日あと1mm高く飛べるか?"。と、武田選手から返ってきた言葉は"頑張ってみます"。そして翌日1mm高く飛んだそう。

そして次の日も"もう1mmだけ高く飛べるか?"と井村さんの問いに、 昨日1mm飛べたという自信がついた彼女は"頑張ります"と答え、また1mm高く飛んだ…。それを10日やったら1cm高くなり、時間をかけ最終的に目標の5cmまで到達したんだそう!!すごい…。

毎日毎日、少し進んでそれを自分のものにする。カンタンなようで難しくもあり、でも手が届きそうな目標。たかが1mm、されど1mm。この1mmの積み重ねこそ、まさに"ちりつも"。

 

 

一方、反対の意味の "1mm の損失" という言葉もあるそう。まぁいいか、これくらいでいいか、みたいな。そんな、ほんの少しの出来心と怠惰心。その1mmの損失の積み重ねもあとで大きな差になる。たかが1mm、されど1mm。せっかくなら自分の気持ちの持ち方で弱い自分にストップをかけられる自分になりたい。

 

今日も昨日の自分よりも1mmでも半歩でも前へ、上へ。大きな目標なんてなくても、そんな努力を忘れない自分になろう。

自覚。

自分が、弱い人間だってはっきり自覚したのはいつだろう。
20代前半はそれこそ依存性の強い、落ち込み型でした(^^;;あの頃たくさん迷惑かけた方々には感謝してもしきれない…(^^;;

 

 

自己肯定感が低いとはっきり自覚したのも、もしかして30を過ぎてからかも。

 

そして、キャパ以上のものを自分に課そうとします。自分への理想が高い。自分で自分の首を絞めるタイプ(^◇^;)

言いたくはないけれど…ずっとやれば出来る、これくらい出来て当たり前、もっと出来る…そんな環境で育ったから、出来ない自分が許せないのかもしれません。常に"出来る"自分でいなければ、とまだどこかで、潜在意識的に思ってる自分がいる。まさに三つ子の魂百まで。苦しいけれど、そういう性格だからこそ努力してこれた部分もある。
トレーナーになりたい、トレーナーとして仕事がしたい。四大卒よりも早く社会に出て2年多く経験積むんだ、と鼻息荒く飛び出した20歳の頃。いきなりフリーランスとしての生き方は無謀だったかもしれない。でもそのとき飛び込んだから今がある。
脳は変化を嫌うから苦しんでてもこれがアタシだって思わせたいのかもしれない。もっと楽に、出来ない自分もすんなり受け入れられたら楽なのに。

 


 

アタシを不安にさせているのは、知識と経験の残高が減ってきたことだとある人が教えてくれた。的を得た言葉だった。コロナ禍で思うように現場も増やせず、ほかの人の指導現場を見る機会も減り、リアルなセミナー参加もままならない。いくら行動制限のない夏、と言われてもなかなか足は向かない。すべてがコロナのせいとは言わないけれど。20歳でスタートダッシュに成功したアタシは振り返ることも立ち止まることもせずただただ前を向いて全速力で走り続けた。思いっきり転んだりして痛い目にあったことは少なからずあれど、走り続けた。でもいつのまにかたくさん追い抜かれていった。それは当たり前のことだって頭ではわかってた。だから走り続けた。どんなに苦しくても歩くスピードと変わらなくなっても足は止めたことはない。今も、立ち止まったりはしても走ることは止めてない。きっと、ここが踏ん張り時なんだ。どうやって残高と引き出しを増やすか。抜かれて抜かれてビリだったとしても、走ることやめなかったら、誰かに必要としてもらえるかもしれない。やめるか続けるかは自分次第だ。

 

 

ゴールがどこにあるかはわからないけど、もう少し走り続けようと思う。